なかなか売れない…消費者がお買い求めしやすい値段とは?

どうも、尾崎です。

今回は仕入れた後に、販売をしていくための
戦略についてお話ししていきます。

 

もちろん、販売の戦略は仕入れ判断にも必要なわけですが
何度も話している通り、仕入れ~販売をするまでがワンセットなので

販売時の戦略が出来ていなければ
結局、仕入れの質にもかなり影響してくるのです。

 

で、今回の話しは
以前、個別コンサル生を受け入れてた時に
当時のコンサル生から相談された悩みで

「なかなか売れないんです...」とのこと。

 

おっとそれは聞き捨てならねぇな!って思った僕は
色々、分析したんですよね...
(聞き捨てならなくなくても、ちゃんと相談には乗りますよ(笑))

 

そしたら、「あぁ、そういうことね...」

 

売れない理由って一つじゃないんです。

売れ行き
出品者の数
値付け
コンディション記載
価格改定    ...etc

 

もちろん、どのレベルで売れないって思うのかは
人それぞれだったりしますが

僕がそのコンサル生と、仕入れ同行に行って仕入れた商品だったので
そんなに時間がかからないって思ってたので

僕の感覚的に、おかしい。と思ったんですよ...

 

まぁ今回の結果として、原因は値付けなんですけど

その値付けに至るまでのプロセス
見るポイントってのが重要で

たまに、そういった相談メールをもらうこともあるので
その説明を動画で解説していますので、ご覧ください。

 

「なかなか売れない…消費者がお買い求めしやすい値段とは?」
↓ ↓ ↓

 

自分が予想以上に売れないなー。
って思ってるものがあったら

1度見直してみると
新たな気づきや、仕入れの判断ミスっていうことにも
気付けるかもしれないので

そういった、商品が有るのであれば
今からでも、確認してみるといいですよ(^_^)

 

 

 

お役に立てたら、下のバナーをクリックお願いします!
僕のモチベーションの源です<(`^´)>


せどりランキング

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3sjhfiauhoajaoj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)