電脳せどりの考え方

どうも、尾崎です。

 

これまでは、実店舗せどりがベースとなったお話しが続いていましたが
今回は、電脳仕入れについてお話をしていきたいと思います。

 

 

動画でも、記事でもお好きな方でご覧ください。

 

電脳仕入れも基本的に実店舗と変わらない

 

よく、実店舗と電脳を別物だと思っている人がいます。

 

確かに、細かい特徴やそれぞれのメリットデメリットはありますが
基本的な原理原則は変わりありません。

 

特に実店舗と、電脳と変わりがないのが
ネットショップを使った電脳仕入れです。

 

ネットショップ以外で電脳のメジャーな方法と言いますと

ヤフオクや、メルカリを使った
個人から仕入れることです。

 

 

このヤフオクやメルカリが実店舗とは違う部分が大きいでしょう。

 

実店舗ではないですが、フリーマーケットが
ヤフオクやメルカリに近いかと思います。

 

 

基本的には電脳は、ネットショップ、ヤフオクやメルカリなどの個人からの仕入れ。

これらがメインの仕入れ先となるかと思います。

 

 

電脳仕入れのメリットとデメリット

 

正直に言いますと、せどりを始める多くの人が
電脳せどりに憧れます。

 

理由は、電脳なら全て在宅で済ますことが出来るから。

時間がなくても、仕事が終わった時や、隙間時間で仕入れが出来そうだから。

 

こういった、理由を持つ人が多いです。

 

これは、半分正解で半分不正解です。

理由は後程お話しするとして、先ずはメリットからお話ししましょう。

 

 

電脳せどりのメリット

・店舗に行くような移動時間がかからない。
・24時間いつでも欲しい物が有れば購入出来る。
・大きな商品でも、自宅に届けてくれる。
・購入制限の無い物であれば、一つの商品を大量購入出来る場合もある。

 

これらが、大きなメリットです。

 

間違いなく、これだけ聞けばメリットがものすごく魅力的です。
せどりを始める人で最も多いのがサラリーマンであったり、主婦の方です。

 

使える自分の時間が短いだけに、このメリットはものすごく魅力的に映ります。

実際に、僕も副業時代は、平日電脳ばかりしていました。

 

 

最後のメリットにあげている、一つの商品を大量購入って言う点ですと

僕は、1商品を1度に注文した最大個数は200個注文したことがあります。
1商品を1度に50個注文した時に、
見込み利益で最高額は40万円の利益分の仕入れをしたこともあります。

 

これらのような大量仕入れは電脳であるからこそ出来ることです。
なかなか実店舗では、このようなことは出来ません。

 

店舗にそれだけの数の在庫を持っていることも基本的には無いですからねwww

 

 

では次に、デメリットを話しします。

 

 

電脳せどりのデメリット

・ライバルが多い(全国のせどらーが集まる)
・値崩れが起きやすい
・商品数の底が見えないので、モチベが続きにくい

 

これらが、デメットとして大きなものです。

 

ライバルが多いという点と、値崩れが起きやすいという点は関係性が高いのですが

例えば、ケーズデンキのネットショップをリサーチしようと思った時
実店舗であれば、その店舗の地域に足を運べる人がライバルとなります。

 

それに実店舗の場合は、同じ系列でも置いてある商品が違っていたり
値段も違う場合もあります。

 

しかし、ネットショップは各店舗一つです。

 

例えばケーズデンキを調べようと思った時に、全国のせどらーが見ることが出来ます。

 

その時に、仕入れが出来る商品があったとします。
価格差も十分で、利益率も良い。売れ行きも良く、仕入れ基準を満たしている。

 

ただ、それを仕入れが出来るのは、自分だけではありません。
全国、誰でも購入することが出来ます。

 

それが、一人1個しか購入出来ない商品で
在庫がたくさんあったら...

 

 

経験のある人や、勘の良い人は分かると思いますが
その商品の値崩れが起きる確率は、かなり高いです。

 

需要と供給の関係性によって

需要(欲しいと思っている購入者)
供給(売りたいと思っている出品者)

 

このバランスを考えた時
供給よりも需要が大きいと、売る人が少なくて欲しい人が手に入らなくなるため
その商品の価値が上がり、値段が上がります。

つまりプレミア価格が起きる可能性があるということです。

 

 

しかし、需要よりも、供給が大きくなった時、価値が下がります。
つまり値崩れを起こすことになります。

 

誰もが早く売りたいと思って、値段を下げて価格競争を起こします。

 

もちろん、それは実店舗でも起きないわけではありません。
全国展開している実店舗で、全店共通セール商品などはそういう事が頻繁に起きます。

 

 

しかし、電脳の場合は、実店舗よりもその頻度は高いです。

理由はさっきも話した通り、店舗は1つしかないのに
ライバルが全国のせどらーになるからです。

 

 

 

ライバルが多いことのもう一つの弊害として
数量限定商品を購入出来ないことが多いです。

 

 

タイムセールなどで数量5個限定等で安くしていることがあります。

その時は早い者勝ちになってしまうので
タイムセールの瞬間に即購入出来る人が勝ちです。

 

しかもこの場合は、ライバルはせどらーではなく、一般購入者の可能性もあります。

 

タイムセールではなくても、そのショップのサイト更新時間にも関係します。

 

多くのネットショップのサイト更新時間は
平日の昼間の事が多いです。

 

サイトが更新されたときに、利益が取れる商品が出てきても
その更新されてすぐに売り切れてしまうことはよくあることです。

 

これもタイムセールと同じ現象ですね。

 

そのショップのサイト更新時間には大抵のショップで法則性があるのですが
その時、そのタイミングでリサーチをかけられなかったら
そもそも、そんな商品があったことすら気が付きません。

 

まとめ

この、タイムセールや、サイト更新のタイミングが
電脳せどりの重要なポイントの一つでもあるので

 

メリットを話す前に、少し触れた

「電脳なら全て在宅で済ますことが出来るから。
時間がなくても、仕事が終わった時や、隙間時間で仕入れが出来そうだから。」

と言うのが、半分正解で、半分不正解であるという理由です。

 

自分の都合の良い時間に、都合よく仕入れが出来ないことは当たり前のように起きます。

 

だって、そうでなければ誰でも簡単に、
いつでもすぐに収益を上げることが出来てしまいますからね...

 

 

デメリットの最後に挙げている
商品の底が見えないから、モチベが続きにくい。と言う点においては

実店舗と違って、一つのネットショップで扱っている商品数が格段に多いです。

 

実店舗は、店舗の大きさや、売り場面積が決まっていたりするので
1店舗で、扱える商品数に限界があります。

 

しかし、ネットショップは売り場面積など存在しないわけですから
倉庫の保管できる量全てを、サイトに載せることが出来るわけです。

 

なので、一つのショップで、実店舗よりもかなり多くの商品数が出てくることが多いです。

 

そして、一つの商品ジャンルで、掲載してるページ数を見た時に
20ページとか出てくると、先が遠すぎてやる気を失せてしまう人がほとんどです。

 

 

なので、全頭検索をしようと思った時に

「うわー、こんなに見ないといけないのかよ...」と

モチベーションが続かずに辞めてしまう人や

 

簡単なところしか見なくて、見つからないと嘆く人。
たまに見つかっても、簡単なところしか見ていないので
値崩れして、利益が残らないと嘆く人。

 

 

こういったことが多いのが電脳せどりの「あるある」です。

 

 

これらのデメリットを考えると、やりたくなくなる人も多いかもしれません。

 

しかし、よく考えてください。

本来、簡単に収益が上げられるようなものであるのなら
誰も苦労はしません。

 

それはつまり、デメリットが多いからこそ、収益を上げるのは難しいということです。

逆に捉えたら、デメリットを解消させることが出来たら
収益を上げることは難しくないということです。

 

次回からは、そのデメリットを解消させる方法について
触れていきたいと思います。

 

 

 

お役に立てたら、下のバナーをクリックお願いします!
僕のモチベーションの源です<(`^´)>


せどりランキング

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3sjhfiauhoajaoj

2 件のコメント

    • 高橋さん、コメントありがとうございます(^-^)

      お役に立ったようで何よりです(#^.^#)
      今後もお役に立てるように更新に努めます。

      今後ともよろしくお願いします(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)