ヤフオク仕入れのススメ

どうも、尾崎です。

 

前回で、電脳のメリットとデメリットをお伝えしましたが

その中で、値崩れと言う点において解消させる方法の1つが
ヤフオクやメルカリ等の個人から仕入れをするという手法です。

 

ヤフオクは、ショップが出品している場合と個人が出品している場合と有りますが
それほど、一つの商品対しての在庫数は多くない場合がほとんどです。

 

メルカリは基本的に個人から購入することが多いです。

なので、同じ商品同じ価格で商品を購入出来る人が格段に減ります。

 

それによって、ヤフオクやメルカリで仕入れた商品は
値崩れを起こしにくいことが多いです。

 

その中でも、今回はヤフオクにフォーカスしたお話しをしていきたいと思います。

 

 

動画でも、記事でもお好きな方でご覧ください。

 

・商品数は桁違いに多い日本最大級のオークションサイト

 

ヤフオクを知らない方はほとんどいないと思いますが
「ヤフーオークション」というYahooが運営する超デカいオークションサイトですね。

 

ヤフオクの使用方法は
商品名から検索もできますし
カテゴリーやコンディションを絞り込んで検索することが出来ます。

 

もちろん、新品も中古も仕入れすることが出来ますが
基本的なヤフオクでの使い方は
せどりだからと言って、大して変わりませんので、今回は新品の検索をしていきましょう。

 

※ワンポイントアドバイス!

新品と言うことですが、Amazonのコンディションガイドでは
未開封であることが新品の条件にもなっています。

 

ヤフオクでは、新品というコンディションであっても
開封されていて、未使用であるから新品と出品されている場合もあるので
未開封であることを前提に、新品を検索していきましょう。

 

 

今回は、新品の中でもプラモデルを探してみましょう。

カテゴリーの中から、「プラモデル」を選びます。
キャプチャ1

 

すると、たくさん出過ぎて、一覧が表示されないので
ここから、プラモデルの中のカテゴリーを絞り込んでも良いのですが
今回は、キーワードに「未開封」と入れてみましょう。
キャプチャ2

 

すると、一覧が表示されたので、ここから商品を探すのですが
お好みで、もっと絞り込んでいただいても構いません。

キャプチャ3

 

ヤフオクはオークションと言う特性上
残り時間が決まっているので、写真で言うと右上の辺りにある
「残り時間」をクリックして、残り時間が短い順に並び替えます。

 

ここから、一つ一つ検索をしていきます。
タイトルの中に商品名がある場合は、商品名をコピーしてモノレートで検索します。

 

※この時に、全部見ていると先が見えないので、残り23時間以内まででOKです。

 

タイトルの中に、商品名が無い場合は
出品ページの中に商品名が載っている場合もありますし
商品の写真から、商品名が分かればその商品名をモノレートに直接打ち込みます。

キャプチャ4

 

早速1ページ目のうちに見つかりました。

キャプチャ5

 

残りの時間が30分であれば、直前に入札でも良いでしょう。

実際に、これを書いているのと、利益計算をしている間に、残り7分になりました。

キャプチャ6

 

この商品は、ヤフオク上では中古のコンディションで出品されていますが
未開封ということで、Amazonでは新品として
出品することが出来ます。

キャプチャ7

 

注意事項!!

2017年9月12日Amazon新品規約改定により
「未開封」の商品であっても、Amazonで新品として出品してはいけません!

詳しくはこちらの記事の中で説明しているので必ずご確認ください。
↓ ↓ ↓
コンディションの設定

 

 

 

モノレートは、このような感じです。

キャプチャ8

 

新品なので、Amazonの新品カートを見て行きましょう。

以下の写真の様になっています。

 

カート出品者もAmazon本体ではないので
この値段で、そのまま出品することが出来ます。

 

なので、出品予定価格は14680円です。

キャプチャ9

 

この出品予定価格で、料金シュミレーターをかけると
入金額が12846円となります。

キャプチャ10

 

送料を見てみると、僕は愛知県なので
送料は1390円となります。

 

仕入れ値を計算する時
第2章 実践編でお伝えした仕入れ基準のなかで、ベースとなっている

・3か月で波打ち10回以上
・見込み利益が仕入れ値の10%以上
・見込み利益額1000円以上

に、当てはまる金額が仕入れ値となりますので
入札できる金額を逆算しましょう。

キャプチャ11

 

落札価格が1万円と考えたら、送料を入れて
仕入れ値は11390円

 

入金額が12846円なので、1万円で落札できた場合は

12846円-11390円=1456円

 

この時点少し余裕はあるものの
仕入れ値に対して10%の1139円を超えていて

その金額が1000円も超えているので1万円での落札が出来れば
仕入れ対象となります。

 

もっと金額に余裕があれば、
入札価格をもっと上げても良いですが
100円、200円しか余裕はないので、分かりやすく今回は1万円を上限に入札することにします。

 

入札するタイミングは、残り30秒となった時です

 

実際に、30秒前に1万円で入札をしました。

キャプチャ12

 

すると、僕が最高入札者となり
残り時間が5分延長され

 

僕が入札する前の、最高入札者だった人は
その入札上限のちょっと上乗せの9000円で僕が高値を更新した形となっています。

 

他の入札者が入札してきても、僕は1万円で入札しているので
1万円までは、僕が最高入札者として、高値を更新していきます。

 

5分後、実際にそのままの金額9000円で落札することが出来ました。

キャプチャ13

 

9000円で落札したということは
送料1390を入れて、仕入れ値は10390円となります。

 

現在のカート価格で14680円で出品した時に、入金額が12846円なので
利益は12846円‐10390円=2456円となります。

 

仕入れに対して、利益が2456円÷10390円×100=23.6%

最低利益金額1000円も超えているので、OKですね!

 

あとは、出品者と入金や発送先の住所などのやり取りをするだけです。

 

 

実際に、この記事を書きながら、仕入れが出来てしまいました。

 

 

これが、ヤフオクの一連の流れとなりますが

他のやり方であれば、キーワードに直接、過去の仕入れたことのある
商品名や型番を入力したり

 

もちろん、中古商品を中古として販売するために仕入れることも可能です。

 

 

※必ずお読みください!ヤフオクの注意点※

 

ヤフオクは、多くの商品数と、出品者がいますが
中には、違法なものを出品している人もたくさんいます。

 

違法な物...いわゆる偽物や海賊版の商品です。

 

Amazonで販売する商品が、偽物であったり、海賊版の商品であった場合
理由は関係なく、有無も言わさずに出品アカウントを削除されてしまいます。

 

出品アカウントを削除されると、2度と同じアカウントでは出品できなくなり
名義も同じ名義であったり、同じ住所である場合も
関連する悪い出品者として、出品アカウントを復活させることが非常に困難になります。

 

特に、プレミア価格になっている、DVDやブルーレイなどは
注意が必要です。

 

簡単に、コピー商品などは作れてしまいますし
こちらも販売する時に、新品で販売しようとしたら中身を確認することも出来ません。

 

DVDやブルーレイほど多くはありませんが
フィギュアでも海賊版は存在します。

 

 

・まずは出品者の評価を目安としてチェック

 

そういった、海賊版や偽物を仕入れない為にチェックするべきは
出品者の評価は一つの目安になります。

 

同じカテゴリーの商品をたくさん出品していたり
出品だけでなく、落札もたくさんしていて
良い評価が多い人を選ぶようにしましょう。

 

少し、悪い評価が入っていたとしても、クレーマーのような人が
変な言いがかりをつけているだけの場合もあるので
少しの悪い評価よりも、良い評価が多いことに注目しましょう。

 

出品だけでなく、落札者としての評価も高い物が多いと
安心感は多少増します。

 

 

・評価だけでは安心しきってはダメ!

 

評価は、あくまで目安程度でしかなく
ヤフオクでは、酷い場合はヤフーのアカウント自体を売買されている場合があります。

 

ヤフオクでは、非常に評価が重視されています。

 

出品者の中では、

「評価が〇件以上ない方、悪い評価が多い方は落札をお断りします。」

という、条件を付けている人もいるほどです。

 

なので、出品する側も評価が少ないと
出品したとしても、入札がされにくい場合があるのです。

 

 

なので、新しくこれからヤフオクで出品を始めようとする人で
すでに評価が貯まっているアカウントを売って欲しいという人もいます。

 

これは、偽物を販売しようとしている人も同じことを考えます。

 

ですので、いくら良い評価がたくさんあっても
良い評価を貯まっている人から、アカウント自体を購入した可能性もあるのです。

 

 

 

じゃあどうやって、そのリスクを回避するのか?

そういった、偽物や海賊版を出品している人を完璧に判別する方法はありません。

 

完璧には、判断できませんが他の方法としては

 

1、商品の説明の文章をよく読んだり、出品者に問い合わせをする

 

絶対ではありませんが、そういった偽物を販売しているのは
外人だったりすることが多いです。

 

なので、日本語がおかしな言葉になっていることもあります。

 

そういったところを見落とさない為にも、商品説明はしっかりと読みましょう。

 

問い合わせする時は、

例えば、

「新品と書いてありますが、開封はされていませんか?」
「他の出品商品を同時に落札したら、送料はまとめての金額になりますか?」

 

等のように、出品者に問い合わせをした時に
返ってくる返信を良くチェックするようにするのも
有効な手段でもあります。

 

 

2、DVDやブルーレイ等の偽物が多い物をヤフオクでは取り扱わない

 

海賊版や偽物として多いのが、DVDやブルーレイ等のメディア系です。

フィギュアも海賊版は聞きますが、メディア系の商品ほどではないです。

 

なので、僕自身フィギュアはたまに落札したりしますが
DVD等のメディア系はヤフオクで落札することは基本的にしません。

 

 

3、あまりにも安すぎる...

 

プレミア価格の商品をヤフオクであまりにも安く出品している場合も要注意です。

 

先ほど例に挙げた、DVD等やフィギュアなどで
プレミア価格になっていたり、もともと高単価なものなのに
明らかに安すぎる場合が有ったりします。

 

これは、最も危険です。

 

仕入れが出来ていないと、

「やっと、めっちゃ美味しい商品見つけた!!!」

 

って興奮してしまう気持ちもわかりますが

安すぎる物は、たとえ偽物ではなかったとしても
説明していないだけで、実は難のある商品であったり

 

そもそも、今度は偽物を売るのではなく
商品を送らない、詐欺の被害に会う可能性も出てきます。

(実際に、ヤフオクでの詐欺事件は頻繁に起きています)

 

 

なので、明らかに安すぎると思った時は
興奮せずに、一呼吸して冷静に判断をするようにしてください。

 

 

かなり長くなってきたので一旦今回は終わります。 

次回は、ヤフオクの補足と、便利なツール、
メルカリにも少しだけ触れようと思います。

 

 

お役に立てたら、下のバナーをクリックお願いします!
僕のモチベーションの源です<(`^´)>


せどりランキング

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3sjhfiauhoajaoj

2 件のコメント

  • 尾崎さん、メルマガ読ませて頂いております。
    電脳編のヤフオクの記事を読ませて(動画も)頂いたのは
    自分がヤフオクメインだからです。

    感想としては初心に帰ったと言いますか、基本を見返す事が
    できとても有意義なものとなりました。

    それは一つ大事な事が抜けていたからです。
    僕はヤフオクを入札する際の利益計算なのですが
    僕の場合、
    Amazon販売額-(FBA手数料率)-(希望の利益率)-(送料やらその他の諸々の経費)=入札額だったのですが
    (違いはあってもこの計算方法でやっている人は多いと思います。)
    他には利益率ではなく利益額で入札額を決定する場合もあると思いますが。
    例えば1万円の入札額なら1000円の利益額が取れれば良いといった考え方ですね。
    後、成約料に関しては2割利益確保できている時点で計算にふくめなくとも構わないと言うスタンスでした。
    しかし2割利益確保しているのですが何故かおかしいと考えて
    いました。
    何か違和感がありました。

    理由はFBA手数料以外にも
    1出荷作業手数料、2発送重量作業手数料、3月間保管手数料が
    更にかかるのを見落としいましたー!
    何か間抜けな話になっていました。

    しかしこの1~3は以外と計算に入れていない人は多いのではないでしょうか?
    ヤフオクを見ているとせどらーと思わしき人が
    僕より更に低い利益率の金額で入札して来ていますから。
    この1~3を商品毎によって計算すると商品によって変動は
    しますがFBA手数料率+5%~10%は更に取られます。

    つまり20%利益確保していたつもりが実質15%~10%で
    これに価格改定が入るので実際はそれよりも少ない利益と
    言う事になります。
    それでも僕はまだ利益が残るからいいです。
    落札率を上げる為に更に低い利益率で入札している人は
    ヤバイでしょうが。

    経験を積んで独自に入札金額設定の計算式を使っていると
    入札数を上げる為にFBA料金シミュレーターを使わなくなり
    ます。

    理由がはっきりと分かり基本を見落としていたので
    動画を見て良かったです。
    ありがとうございます。

    尾崎さんは利益率10%で入れているのですね。
    基準は人それぞれですが僕は流石に10%では入札しません。
    価格競争になった時に利益率20%であれば10%値下げに
    なってもまだ利益が10%ありますが最初から10%だと
    10%だと価格競争で10%下げると利益が吹っ飛ぶからです。

    もっとも高回転で出品すれば即売れする様な商品であれば利益率10%くらいで入札する事もありますがその辺りは戦略です。

    • 春巻き丼さん、コメントありがとうございます(^_^)

      1出荷作業手数料、2発送重量作業手数料、3月間保管手数料
      これらは絶対に重要ですよ(>o<") 単価にもよりますが 大型商品になったりするとかなり利益も食われてしまいますし 20%っていう利益率でも大きく削られる場合がありますし... ヤフオクでは、入札額を決めないといけないので 明確な数値を算出するために やはりキチンと、料金シミュレーターでの計算は必要だと思います。 あ、僕は利益率10%で入れているというわけではなくて あくまでそれは最低基準と言いますか 売れ行き次第って言うところが大きいです。 売れ行きがメチャクチャ良ければ最低10%でも良いかな?って言うところですが 単価も高くて、売れ行きもメッチャ良くてライバルもいない。っていう好条件なら 10%無くても仕入れることもあります。 逆に、売れ行き次第では、最低の利益率の基準を上げますし 状況に合わせて、仕入れ基準は変動させているので 10%が基準という事ではないという事をご理解いただければと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)