ネットショップ攻略 処分品やセール品のみに絞れ!

どうも、尾崎です。

 

前回までは、ヤフオクやメルカリを使った電脳せどりの方法をお伝えしてきました。

 

ヤフオク、メルカリだけでも
調べきれないほどの商品数があり、充分収益を上げることが出来ると思います。

 

しかし、ヤフオク、メルカリのデメリットとしたら

購入出来るまでの時間にタイムラグが有ったり

どうしても個人から購入することが増えるので
家に商品が届いたら、未開封でも汚かったりすることもあります。

 

なので、そのタイムラグ無く、見つけたら即購入して
早く家に届くのがネットショップです。

 

ヤフオクやメルカリだと、売れ行きが良くて
本来なら複数購入したいけど、1人の出品者から、複数購入出来ることは少ないですが

 

ネットショップで、購入制限がなければ
ネットショップであれば、複数購入出来るのも大きな違いですね。

 

しかし、ネットショップは「第4章 電脳編 1部」でお話しした通り

ライバルが多かったりして、値崩れも起きやすいし
何かとハードルが高いのも事実です。

 

その中でも、ネットショップで攻略できる方法もあるのですが
ネットショップ攻略は、出来る人を選ぶ手法が多いです。

 

出来る人と、出来ない人が出てきますが、ご了承のうえ、ご覧ください。

 

 

動画でも、記事でもお好きな方でご覧ください。

 

・基本は区切りをつけた全頭検索

 

これは、「第4章 電脳編 1部」でお話しした通り
基本は実店舗と変わらない方法です。

 

しかし、実店舗と違うのは

家電量販店のように系列のお店は、基本的に他にあるわけではないので
同じ区切りを、同じ系列で全頭して系列の傾向を掴むということが出来ません。

 

それに、実店舗よりも、1店舗ごとの商品数が多いため
目に見える範囲で商品数を把握することが出来ず
1店舗を潰すのにもかなりの時間と労力を費やします。

 

ここで、重要となってくるのが区切りの付け方になってきますが

先ほど話した通り、ネットショップの商品数は莫大な量になる為
区切りの付け方を間違えると、一生経っても潰しきれません。

 

そこでお勧めするのが
「処分品、セール品等の、割引率の高い物に絞り込む」という区切りです。

 

 

ジャンル毎で分けてしまうと、商品数が多すぎてしまうので拉致があきませんが
処分品やセール品という括りであれば
そのショップ内ある商品をかなり絞り込むことが出来ます。

 

処分品と言う表記ではなく、「アウトレット」や「箱潰れ」というのも狙い目です。

 

※箱潰れは、箱が傷んでいるということですが
多くのネットショップで、箱潰れを数多く仕入れてきた経験として
さほど気になるような、箱の傷みは滅多にありません。

ただし、未開封であることが前提条件です。

 

なので、色んなネットショップで処分品、セール品、アウトレット、箱潰れ 等の
割引率が高いコーナーを片っ端に検索していきましょう。

 

 

・効率的な処分品、セール品の全頭検索方法

 

効率的な方法と書きましたが、これはすぐに効率が良くなるわけではなく
この方法を使うと、2回目以降がかなり楽になってきます。

 

その方法は、1度検索をしたネットショップの処分品やセールのコーナーの
一番前のページの写真を撮っておくことです。

 

多くのネットショップは、更新した際に古い物は奥に
新しい物は前に来るようになっていることが多いです。

 

なので、検索をした時に一番新しいページに移っている商品を分かっていれば
次回は全て見なくても、前回までは最新であった場所まで見ればよくなります。

 

前回まで見たところで、残っている商品は仕入れ対象外だったということですから。

 

 

もし、更新がされていなかった場合もすぐに分かるので
違うショップを見に行くことが、パッと出来る様になります。

 

なので、そのショップの初めての全頭検索は量が多くて大変ですが

その時の最新のページを写真を撮って分かるようにしておけば
2回目以降は検索する量が限られてくるので
かなり効率が上がってきます。

 

 

・え?でも、そもそも処分品とかセール品は値崩れしやすいんじゃないの?

 

「第4章 電脳編 1部」でお話しした通り
電脳のネットショップ仕入れは、値崩れが起きやすいです。

 

しかも、それが処分品やセール品であれば尚更の事です。

多くのせどらーは、ネットショップの処分品などを見ますからね...

 

しかし、全ての商品が値崩れを起こすわけではありません。

 

結果的に値崩れを起こしたとしても、
その早い段階で、利益が残っているうちに売り切ることが出来たのなら
それは、利益を出せたということです。

 

勘の良い人は、分かると思います。
勘付いた人は、センスがいいですねwww

 

そう、つまりスピード勝負と、元々の見込める利益の大きさが重要だということです。

 

特に、スピード勝負である点においては

サラリーマンの人は、週末が納品をする日。と言った形で
すぐに納品が出来ない人が多かったりします。

 

どうしても、納品に時間もかかってしまいますからね...

 

それと、仕入れた商品がある程度貯まってからでないと
納品の時の送料も勿体ないので
貯まるまで、納品をしないという人もいます。

 

でも、よく考えてください...

 

遅くなったら、値崩れする可能性があって
そのせいで利益を無くしてしまったら元も子もないはずです。

 

もし、こういったネットショップの処分品などの
値崩れを起こす可能性が高い場所で仕入れた場合
値崩れは、容易に想像できること。

 

つまり、あらかじめ値崩れを起こすことを前提に仕入をしているわけです。

 

 

人に殴られるとき、不意打ちで殴られるのと
今から殴られると分かっていて、歯を食いしばるのとではダメージはかなり違いう事は
お分かり頂けると思います。

 

値崩れをする可能性が高いと分かっているのであれば
歯を食いしばればいい。

 

歯を食いしばるような、ダメージを軽減させる方法。
それは、商品が手元に届いたら、速攻で納品をするという事です。

 

そして、スピード勝負だということは
商品が売れるスピード。つまり商品自体の売れ行きも重要になってきます。

 

商品の売れ行きが悪ければ
その間に、後から納品してくるライバルたちがドンドン参入してきてしまいますからね...

 

なので、売れ行きが良い物。

仕入れ基準は3か月で10回以上の波うちでしたが
理想は1か月で10回以上波うちをしている商品が理想的です。

 

全てを回避できるわけではないですが
これだけでも、大きく結果は変わってきます。

 

 

 

それと、「元々の見込める利益の大きさ」にも注意してください。

 

これは、利益「率」ではなく、利益「額」の問題です。

 

ライバルのせどらーが増えることで、値崩れを起こす。

しかし、誰もが損をしたいわけではないので
基本的には、少しずつ刻みながら値段を下げてきます。

 

その刻まれるスピードは、出品者の数が多ければ多いほど早くなるわけですが
刻まれる量は、どの単価であっても大きく変わりません。

 

なので、利益額が大きいということは
損切りになる、金額までの距離が長い
ということです。

 

なので、利益率が悪かったとしても利益額が多いことが重要です。
逆を言えば、利益率が高くても、利益額が少ない物はリスクが高いとも言えるでしょう。

 

なので、1個で利益が2000円、欲を言えば3000円は欲しいところです。

 

 

先ほどのスピードと言う点で理想とする、売れ行きが1か月で10回以上の波打ち
見込める利益が2000円、欲を言えば3000円ある商品であれば

速攻で納品をすれば、利益を残せる確率はかなり上がります。

 

2000円~3000円の値幅があれば、売れ行きの早いものであるのなら
損切りまでの有余もありますし

多少、送料が高くついてしまったとしても
1個に対する元々利益額が多ければ、利益を圧迫される量も減りますから。

 

 

僕自身、そういった時に仕入に対して8%しかない利益率の商品でも
仕入れることがあります。

 

4万円仕入れで3000円利益の商品を10個仕入れたこともあります。
その商品は即納品して、5日で全て売れました。

 

値崩れする前に売り切ったということです。
(3,000円×10個=30,000円の利益を5日で産み出したということです。)

 

 

 

・この手法を使うことが出来ない人は?

 

これは、どうしても高単価な商品を扱うことが増えます。

それ故に、利益率も自然と下がりやすいです。

 

なので、この手法が使えない人として第1に挙がるのは
資金が少ない人にはおススメできる手法ではありません。

 

本当なら、資金が200万以上ある人。
どんなに最低でも100万円以上資金がある人でないと、やらない方が良いでしょう。

 

すぐに資金が無くなってしまいます。

低い利益率で、それ以上仕入れが出来なかったら
そこがその人の収益の限界地点となってしまうからです。

 

なので少ない資金であるのなら、実店舗。

電脳であればヤフオクやメルカリをおススメします。

 

 

それと、もう一つ、この手法が使えない人としては
すぐに納品をすることが出来ない人もおススメできません。

 

 

サラリーマンであっても、仕事から帰ったらすぐに梱包作業をして
次の日には納品をするということが出来るのであればいいのですが

 

それが出来ないのであれば、納品が遅れる分
値崩れも進んでいる可能性が高いので
スタートラインが違ってきます。

 

今回はネットショップ攻略として
処分品等の割引率が高い物を狙うということをお伝えしましたが
これが、絶対的な手法と言うわけではありません。

 

あくまで、最も分かりやすい手法であり
割引率が高くない物でも仕入れられることもありますが
ネットショップの性質上、物量が有りすぎて
1から全て全頭をするには、
とてもじゃないがやりきることが難しいです。

 

なので、僕は、これが最も早く、分かりやすい
ネットショップ攻略だと思っています。

 

 

 

お役に立てたら、下のバナーをクリックお願いします!
僕のモチベーションの源です<(`^´)>


せどりランキング

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3sjhfiauhoajaoj

2 件のコメント

  • ネットショップで仕入れメインなので気になりクリックさせて頂きました。参考になりました。ありがとうございます。

    • 中村さん、コメントありがとうございます(^_^)

      参考になっていただけたようで良かったです(#^.^#)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)