せどりの仕入れは、ノウハウ以前にリサーチ方法が重要

どうも、尾崎です。

 

ここまでの第1章と第2章で、
せどりを始める準備、仕入れ判断の仕方は覚えることが出来たと思います。

 

この章からは、本格的に仕入れをしていくための
活動の方法について、お話しします。

 

 

動画でも、記事でもお好きな方でご覧ください。

 

せどりの仕入れの基本は全頭検索(全部頭から検索する)

 

せどりの業界の中で、全頭検索という方法があります。

つまり、全部商品をリサーチしろと言うことです。

 

せどりの仕入れは、なぜ全部検索しなければならないのか?

 

もちろん、とある商品が、Amazonで何円で売れている。と言うことが分かっていたら
全頭検索する必要なんてありません。

 

実際に、今の僕は全頭検索をする時もあれば、しない時もあります。

 

それは、これまでの経験上、この商品は人気があるとか
プレミア価格(定価越え)で売れているとか
分かっている物もあるからです。

 

しかし、分からない時は僕でも全頭検索します。

 

どの商品が利益が出るのか分かっていたら、誰も苦労なんてしません。

 

どの商品が利益が出るのか分からないから
一つ残らず、商品をリサーチしていかなければならないのです。

 

 

 

せどりで仕入れをする為に効率的な全頭検索方法

 

と言っても、1つの店舗で大量に有る商品の中から
一つ残らず商品を見ろ!って言っても、なかなかメンタルブロックがありますよね?

 

そういった時に、どうするのかと言いますと
簡単に言ったら、「区切りをつけて全頭検索」をするということです。

 

例えば

・商品ジャンル毎
・ワゴン、セール品
・処分品

 

この様に、自分で分かりやすい区切りをつけた上で

「この区切ったところは、1つ残らず検索する」

と言った方法を使えば、自然と全てを見て行くことが出来ます。

 

 

必ず決めなければならないこと

 

全頭検索をしていくうえで、ここが最も重要です

 

ここを、曖昧にしている人はいつまでたっても
仕入れが出来ないと嘆く羽目になります。

 

それは、区切った部分だけをいろんなお店で検索していく。
と言うことです。

 

これは、必ずやってください。
※区切りは最大でも3区切りまでにしてください。

 

このやり方は、例えば「フィギュア」というジャンルを区切りとしたのならば
行くお店全てで、「フィギュア」のみを検索していくことです。

 

フィギュアというジャンルが大きすぎると感じたのであれば
フィギュアの中でもメーカーや、アニメを決めて細分化しても構いません。

 

この方法をすることで、そのジャンルの商品知識が自然と身に付きます。

 

 

なぜなら、同じ商品を何度も検索することが出てきます。
似たような商品を見ることも何度も出てくるでしょう。

 

場合によっては、同じ商品を複数個、色んな店舗で仕入れが出来る場合も出てきます。

 

 そうすることで、商品の価格帯や、売れ行きの知識がドンドン経験値として増えていきます。

 

 

例に挙げた、フィギュアであれば
どの様なメーカーや、アニメの商品が人気であったり、プレミアになりやすいのか?

と言うのが、見えてくるようになります。

 

もっと知識がついてくると、どの商品はどれぐらいの価格で売れているから
その商品が何円以下で仕入れられたら、利益が出る。

と言うことも分かるようになってきます。

 

逆に、この商品は利益が出ない商品だということも分かってきます。

 

いわゆる、「目利きが付く」と言うことです。

 

 

商品ごとの売れ行きや、価格帯といった
そこまでの目利きが付かなくても

その前段階の、どのようなメーカーやアニメが人気があって、プレミアになりやすいのか?

というところが何となく分かるレベルまでやり込めれば
仕入れはかなり楽になります。

 

 

それに加えて、同じ商品、似たような商品を
たくさんのお店で検索していくことで

「このお店のこのジャンルは、値付けが厳しいお店だな。
逆に、このお店のこのジャンルは値付けが甘いな。」

 

と言ったことも、分かるようになってきます。

 

 

 

どこまで、同じ区切りを続けて行けばいいのか?

 

この方法で、全頭検索をしていく中で2店舗、3店舗程度廻って
同じ区切りで全頭検索したところで、知識は大して付きません。

 

明確な数字、店舗数は何とも言えませんが
せめて5店舗はやって欲しいところ。

 

 

じゃあ、5店舗やりきれば大丈夫なのかと言われたらそういう訳ではないのですが
店舗数と言うよりも、足を伸ばせる範囲内で

その区切りをつけた商品が置いてある店舗で
思いつく店舗を全て周り切るまでやってください。

 

あまり思いつかない場合は、その区切った商品を扱っているお店がどこにあるのか調べましょう。

 

例に挙げたフィギュアで例えると

「フィギュア 愛知」等で、Googleで検索すれば
まとめてくれている、ブログやサイトが出てきます。

 

それらを、メモするなり、保存して最低でも5店舗以上廻ってください。
出来るのなら、思いつく足の伸ばせる範囲の店舗を全て周り切るまでやってください。

 

 

例外として、家電などの場合、様々な系列の家電量販店がたくさんあります。
(ヤマダ電機、ケーズデンキ、ビックカメラ 等)

 

家電量販店は同じ系列でも、微妙に値付けが違う場合がありますが
大よその値付けは統一されていることが多いです。

 

しかし系列が変わると、商品の値付けは大きく変わってくることが多いです。

 

なので、家電量販店の場合は
おなじ系列の店舗の中で、区切りをつけた部分の全頭検索を5店舗以上廻ってください。

 

 

そこまで出来たら、次の区切りをつけて
また同じように全頭検索していきましょう。

 

 

この方法のデメリット

 

自分で区切りをつけた部分が、仕入れをしにくいジャンルだった場合
最低の5店舗、出来れば思いつく限りのお店を全て廻ったとしても
仕入れできる量が少ない場合があります。

 

その仕入れできないジャンルで区切りをつけてしまった時、
仕入れが出来ない時間を多く消費してしまう可能性があるということが大きなデメリットです。

 

 

多くの人は、ここで挫折します。

 

運良く、最初から上手く行く場合もありますが
最初からみんな上手く行くようでしたら、誰も苦労はしません。

 

 

しかし、挫折する人は
「なんだよ...全然上手く行かないじゃないか...」
と考えてしまうのですが

 

伸びる人、成果を出せる人は
「ヨシ!これでこの区切りった部分は、厳しいことが分かった。」
と、それを経験値として捉えられる人が伸びる人です。

 

最初から上手く行くようであれば、誰も苦労はしません。
2章までは、バットの振り方を覚えた程度です。
次はバットにボールを当てるための練習期間です。

 

最初の1か月~2か月は
上手く行かないことを前提に考えるぐらいで
愚直に経験値を積んでいきましょう。

 

 

 

お役に立てたら、下のバナーをクリックお願いします!
僕のモチベーションの源です<(`^´)>


せどりランキング

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3sjhfiauhoajaoj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)