古物商的にメルカリ等の仕入れはNG?【実録】行政書士との電話音声付き。

どうも、尾崎です。

みなさんは仕入れとして、メルカリは利用していますか?

かなり有名ですし、たぶん使っている人は多いかと思います^_^;

 

そもそも、メルカリやヤフオクからの仕入れってハードルかなり低いですからね(´・ω・`)

僕も以前は定期的に利用してました。

 

ただ、そういった個人からの仕入れって、古物商的にはどうなのか?

匿名配送とかされたら仕入れた相手分かんないよな...

 

メルカリやヤフオクではそれぞれのサービスを使う事で匿名配送が出来るようになっています。

また、ヤマト運輸であれば、そういったプラットフォームを利用しなくても匿名配送が出来るサービスがあります。

 

これは古物商的に、ちょっとグレーな気がするな...

っと、僕も少し前から気にし始めてからは、個人からの仕入れをやらなくなっていました。

(ヤフオクの場合はストア出品者のみ、仕入れをたまにしていた)

 

でも、ちゃんとした答えを発信者としては知っておかなければならない!

ってことで専門家(行政書士)に聞いてきました( `ー´)ノ

 

そこで、分かったことを今回お伝えします。

 

そもそも、僕たちのような、せどり・転売の場合の仕入れは消費者として購入するので、「使用目的として購入したもの」は古物に該当します。

つまり、せどり・転売をやるには商品が新品、中古は関係なく「古物許可証」が必要となり、それに伴い「古物台帳」の記帳と管理が必要です。

関連記事:せどり・転売に古物商は新品でも必要だと僕は思う。

せどり・転売に古物商は新品でも必要だと僕は思う。

2018.10.17

 

問い合わせ先は「トラスト行政書士事務所」

結果として、直接専門家に問い合わせたのですが、その前にアレコレとググりまくってたんですよ^_^;

 

そしたら、なかなか明確な答えが無いorz

 

自分の考えを書いてる記事がほとんど...

あとは、「警察に聞いた!」って書いてるけど、証拠は無く自分の書いた文章のみなので、信じて良いのか不安だったり...

 

なかなか、信憑性のある情報が出てこない(; ・`д・´)

 

 

他にはこっちが知りたいことまで踏み込んでくれてない、内容が多かったですね(´・ω・`)

「メルカリなどでも古物商は必要です!」

「仕入れをした相手の住所などを残しましょう!」

って言う程度(一一”)

 

ん~~~~~~

これじゃ分からん!!!

どっかで専門家に聞けないのか!?

 

って調べていく中で発見しました(*´▽`*)

 

トラスト行政書士事務所
↓ ↓ ↓
運営ブログ

会社ホームページ

ちなみに僕が辿り着いたのは、運営ブログのこちらのページでした。

【ヤフオク・メルカリ】古物商許可が必要かどうかのチェックリスト

 

トラスト行政書士事務所の運営ブログの下部にこんなのがあったんですよ。

出典元:http://kobutsukyoka.jp/law/checklist-of-auction/

 

おおおおおおお(≧▽≦)

こんなありがたいサービスが!!!!

 

どうしようかな~?

電話にしようか、メールにしようか、LINEにしようか...

 

メールやLINEなら文字に残せるけどなぁ...

でも、質問の意図とズレた答えが返ってきたらめんどくさいなぁ...

 

ヨシ!電話して録音しよう<(`^´)>

ってことで、早速電話して聞いてみました( `ー´)ノ

 

【実録】行政書士との電話音声

早速、スマホの通話録音アプリをセットして、いざ発信!!!

これが通話を録音したスマホ画面です。(ホントに電話したんですよwww)

 

 

通話内容は以下からご視聴ください。

↓ ↓ ↓

 

 

では、聞いていただいたということで、今回の通話の内容をまとめていきます( `ー´)ノ

 

メルカリ、ヤフオクとか関係なく匿名配送の出品者からは仕入れない方が良い

メルカリでは、らくらくメルカリ便ゆうゆうメルカリ便

ヤフオクであれば、ヤフネコ!パックまたはゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)

ヤマト運輸のサービスであれば、あんしんBOOTHパック

 

これらが、匿名配送が可能なサービスです。

ヤマト運輸のサービスを使われたら、メルカリとかヤフオクとかも関係ないですね(一一”)

 

結局、個人から購入したものは、どんなものでも匿名配送で届けられる可能性があります。

 

で、こういった匿名配送で送られる場合は、通話の内容を聞いていただいた通りです。

 

法律なので必ず控えないといけない。

匿名配送だからといって、相手の住所等を控えることを免除されるわけではない。

その為、匿名配送を使われる方からは買わない方が良い。

 

うん。予想通りの答えでしたね(一一”)

 

『無料相談なので、一般的な答えとして』と断りは入れていましたが、これが間違いない1つの答えだと思います。

 

「なりすまし」の可能性が高いから配送伝票でも危険

通話の中で、こんなことも言っていました。

 

『インターネットでの購入は、対面で買うよりも、「なりすまし」や「犯罪」に利用されやすい。

なので、本人確認の方法として、本人限定受取郵便を送る等、色々と厳格に決められている。

なので、本人確認が取れないという点は、古物商としての義務を守らない取引に該当する為、罰金や懲役となる可能性もある』

 

う~ん...

怖いですね...(一一”)

 

これは、匿名配送はもちろん該当することです。

しかし、匿名配送ではない場合も、該当します。

 

それは「なりすまし」です。

 

メルカリでも出品者の住所が嘘だったという事例があります。

↓ ↓ ↓

メルカリボックス「出品者様の名前も住所も全て嘘だった。」

 

上記の事例にこんなことが書かれていますね。

送ってきた際の封筒に書かれていた住所に送ろうとしたところ、その住所も名前も嘘であることが分かりました……

引用元:https://www.mercari.com/jp/box/q55c92e844a4bd5a8/

 

これが、「なりすまし」です。

 

個人から仕入れをするということは、こういったリスクがあります。

 

なので、通話の中でも話されているような

『本人確認の方法として、本人限定受取郵便を送る等、色々と厳格に決められている。』

というところになります。

 

本人限定受取郵便を送付して、本人確認をする方法としては、警視庁のホームページ「非対面取引における確認の方法」に書いてありました。

↓ ↓ ↓

警視庁ホームページ「非対面取引における確認の方法」

 

逆に言えば、本人限定受取郵便を送付して、正しく本人確認をするのであれば、問題はないってところなんですが...

流石にそこまでのことは手間がかかり過ぎて出来ませんよねorz

 

メルカリやヤフオクのIDを控えるというのも対応として不十分

色々と古物商のことを調べていると、こんなことを書いているブログもありました。(せどらーのブログです)

 

『IDを控えておけば何かあった時にプラットフォームから相手を特定できる』

 

ん~...

せどらーのブログだし、そのブログでは「警察に聞いた」とは書いてあるけど、その証拠が残ってないからなぁ...

 

ってことで、これに関しても通話の中で聞いてみたんですね。

 

行政書士さんの回答はこうでした。

 

『古物営業法で決められた、本人確認の方法としてIDではダメと言われる場合もある。

あくまでその時の警察の対応次第でケースバイケースなので、絶対ではないがIDだけで良いとは言い切れない。

2018年10月4日に古物の法律が改正されたが、むしろインターネットの取引に関して制限は増えてるのでIDだけ控えるというのは厳しい。

 

これも「IDがあれば良い」とは言ってもらえませんでしたね(´・ω・`)

裏を返せば「良い事ではないから辞めとけ」ってことでもあるでしょう。

 

結局のところ、ちゃんと本人確認が出来る状況でないと、個人間での仕入れはしない方が良い!

ってところですよね(一一”)

 

店舗からの購入であれば仕入れ先の確認は簡単♪

通話の最後に「あ!これもついでだから聞いておこう!」って思い出して聞いたところですねwww

 

店舗から仕入れた場合は、店舗情報が分かればいいのか?

という点に関して、行政書士さんの回答はこうでした。

 

『基本的には、どこのお店が分かっていれば問題はない。

だが、もう1つ可能であれば、レジを打った人が誰なのか?というのまで特定しておくと尚良い。』

 

この点については、「尚良い」って言う表現だったので、ちょっとハードル下がりましたね^_^;

 

クレジットカードの控えではなくても、レシートを見れば、レジ担当者の名前は大抵記載されています。

 

 

電脳でも記載されているお店もあります。

 

とりあえずレシートをちゃんと保管しておけば、担当者を求められてもすぐに対応できるので、必ず保管しておきましょう。

 

 

しかし、担当者が記載されていない場合もあります。

 

 

ただ、まぁ「担当者の名前があると尚良い」っていう表現だったので、絶対になきゃイケないものではないってことろで、まだ安心ですね^_^;

 

 

こういった面からも、お店で仕入れをしていると、店舗情報はすぐに分かるので、良いですよね♪

逆にやっぱり個人からの仕入れは何かとリスクが高いorz

 

尾崎はヤフオクでも「ストア出品者」からしか仕入れていない

お店からの仕入れであれば、本人確認という点においてかなりハードルが下がることが分かりました。

実際に、僕自身も「個人からの仕入れは古物的にあぶないかも?」って思ってからは、ヤフオクでもストア出品者からしか仕入れないようにしていました。

 

ストア出品者であれば、古物商や特商法もキチンと表記されているので、仕入れ先を「ヤフオク」と記載するのではなく、以下の様な部分を控えれば良いですね(^_^)

 

 

※エクセルのセル内で改行する方法は、キーボードの「alt」を押しながら「Enter」をクリックすることで、セル内の改行が可能です。

 

 

Amazonで刈取りした場合もちゃんと記録を残しておこう

僕自身もたまにAmazonで刈取りをすることがあります。

(もちろん中古刈取り、中古売りです。刈取りった物を新品で売るのは規約違反です)

 

Amazonで刈取りをした場合もヤフオク同様に、仕入れ先に「Amazon」と記載するのではなく、以下の様な部分を控えれば良いですね(^_^)

 

 

※エクセルのセル内で改行する方法は、キーボードの「alt」を押しながら「Enter」をクリックすることで、セル内の改行が可能です。

※仕入れ値が0円なのは、Amazonギフト券を使ったからです。

 

 

まとめ

せどり業界じゃアタリマエのように、仕入れ先としてメルカリやヤフオク等の個人からの仕入れは使われています。

だけど、こういった古物商という観点から見たら、どれだけの人が正しくせどりを出来ているのでしょうか?

 

僕自身も、「危ないかな?」って思ってからは個人から仕入れをすることはしていませんが、以前はやってました。

個人からも仕入れをしていた当時は、ここまでのことを出来ていませんでした。

 

だからぶっちゃけ、その当時のことを言えば、僕も法に抵触することをやっていたという事になります。

深く反省します。

 

もちろん、今は個人から仕入れもしていませんし

『いつ、どこで(誰から)、何を、いくらで、何個、購入したのか?』

というのは、売上管理表を古物台帳も兼ねて記帳を続けています。

過去の売上管理表兼古物台帳も書き直しました。

 

でももし、この記事が目に留まって警察が家に来たら...

怖いですよね...

過去にルールを守れてなかったのは事実ですもん...

記録漏れもないとは言い切れませんから...

 

そんなことも考えると、僕自身もこの記事は書かない方がよかったのかもしれません。

 

 

だけど、やっぱり正しく在りたい。

そして、発信者として正しい情報を伝えなければならない。

せどりの業界ではこういった点に関して、僕も含め分かっていなかったり、勘違いをして考えている人は多いですから。

 

 

僕は稼げれば何でもいいって言う考えが大っ嫌いです。

 

普段はこのブログにもあるようにケツ出してたりwww

 

キャンプの時に「インスタ映え選手権!」とか言って、セクシーポーズしてみたりwww

 

ふざけるときは思いっきりふざけるけど、それはやることをキチっとやるからこそ成り立つものだって考えてます。

ケジメを重んじるタイプなのです(`・ω・´)

 

 

 

個人からの仕入れをやるかやらないかは自由です。

でも、こういったルールがあるという事は理解した上で、正しく取り組んでくれたらと思います。

 

 

 

そして、最後にトラスト行政書士事務所さん。

無料相談という事でしたが、ご質問にお答えしていただきまして、ありがとうございました。

 

 

そもそも、僕たちのような、せどり・転売の場合の仕入れは消費者として購入するので、「使用目的として購入したもの」は古物に該当します。

つまり、せどり・転売をやるには商品が新品、中古は関係なく「古物許可証」が必要となり、それに伴い「古物台帳」の記帳と管理が必要です。

関連記事:せどり・転売に古物商は新品でも必要だと僕は思う。

せどり・転売に古物商は新品でも必要だと僕は思う。

2018.10.17

 

他にもせどりをやる上で、法律的に気を付けておかないことはあります。

僕は専門家ではないので、詳しいことも話せませんが、最低限知っておかないといけないことは、以下のページに法律関係のことを話している記事がまとめてあるので、こちらも是非併せてご覧ください。

↓ ↓ ↓

せどりの法律関係

 

お役に立てたら、下のバナーをクリックお願いします!
僕のモチベーションの源です<(`^´)>

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3sjhfiauhoajaoj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)