せどりの仕入れで呪縛から解放させる!全頭検索をしなくても良くなる方法

こちらの記事は、動画でもお話しをしています。

文章、動画お好きな方でご覧ください<m(__)m>

 

 

どうも、尾崎です。

「せどりの基本は全頭検索だ!」

っていうのは、僕も口酸っぱく話しているし
他の人も言っていることですが

正直、全頭検索ってしんどいし、めんどくさいし
いつまでも続けていきたくないって思いますよね?(^^;

 

僕のせどりノウハウ集の中でも
「3つに絞り込んで、まずはそこをひたすら全頭検索でリサーチしまくれ!」
って話もしています。

 

全頭検索の方法の記事はこちら
↓ ↓ ↓
商品リサーチの方法。ノウハウ以前にリサーチが悪ければ意味がない。

 

 

しかし、じゃあどこまでやったら、全頭検索をしなくても良くなるのか?
いつになったら、全頭検索から離れられるのか?

本気で全頭検索を続けて行けば、この壁にぶち当たると思います( `ー´)ノ

 

でも、この壁にぶち当たってるなら良い傾向ですよ♪

壁にぶち当たるって、成長している証だし
壁があるってことは、伸びしろがあるってことなので
まだまだ楽しみがいっぱいああるってことですもん(^◇^)

 

 

ってことで、今回は全頭検索をしなくても良くなる方法
そして、全頭検索から離れるタイミングっていうのをお話していきたいと思います。

 

せどりの仕入れで勘違いをしてはならない
全頭検索をしないという意味

 

ちょっと、先に勘違いしてはならないこととして

全頭検索しない。っていうのは
ピンポイントで利益商品を一目で見つけれるみたいな
魔法を手に入れるわけではない。
ということを、ご理解ください(;´Д`)

 

 

というのも、基本的にはリサーチをした中で
仕入れをする商品と、仕入れをしない商品の割合は

仕入れをしない商品の方が圧倒的に多いです。

 

あくまで、リサーチ数に対して
仕入れできる商品の割合が増える。

もしくは、割合は変わらなかったとしても
そもそものリサーチ数が減るという意味です。

 

俗に言う「目利き」ってところにもなるんですけど

目利きというと、どうしても魔法のように聞こえてしまうので
「リサーチ時の絞り込みの精度」って言った方が
イメージは付きやすいかな?って思います(^^;

 

そこを大前提として、お話をしていきます<m(__)m>

 

せどりの仕入れは結局まずは全頭検索。
大事なのはその後。

 

さて、では具体的なお話をしていきますが

全頭検索をしなくても良くなるためには、まず全頭検索をして

・少数であっても何回かの仕入れ、販売の経験
・全然仕入れが出来ない。という経験

この2つの経験を積んでいく必要があります。

 

「何回かの仕入れ、販売の経験」っていうのは
なんとなーくイメージつくかもしれませんが

「全然仕入れができないっていう経験」は
そんなの意味ないだろ!って思う人が多いかもしれませんね(^_^;)

でも、実は超重要なんですよ♪

 

それぞれ説明していきますね。

 

少数であっても何回かの仕入れ、販売の経験の活かし方

 

どんなに、仕入数が少なかったとしても
どんなに、販売数が少なかったとしても

それは、大きな1歩であり、大きな経験値です。

 

まずは、その仕入れが出来た商品、販売が出来た商品を
どういった場所、視点から仕入れが出来たのか?

っていうことを見直してみましょう( `ー´)ノ

 

仕入れが出来きやすい場所(ジャンル)の絞り込みの考え方
(縦展開)

 

例えば、新品家電で「カメラ」っていうジャンルを徹底的にリサーチしていたとします。

その中で、例えばヤマダ電機のカメラと決めたら
ひたすらヤマダ電機を何店舗廻って、カメラをくまなくリサーチしていると思います。
(僕の伝えているリサーチの方法通りであるなら)

 

その中で、いくつか仕入れが出来たのであれば
どういった物が仕入れしやすかったのか?
っていうことを振り返ってみましょう。

 

処分品だったのか?
セール品だったのか?
新商品だったのか?
コンパクトデジカメなのか?
一眼レフなのか?
ビデオカメラなのか?
どこのメーカー?
どんな機能の付いたカメラ?

等々、カメラと言う一区切りでも考えることはたくさんあります。

 

この中で、処分品がよく取れたなぁ。って思えば
次回からは、処分品に絞り込んでリサーチをしていく。

SONYのカメラがよく取れてるなぁ。って思えば
次回からは、SONYに絞り込んでリサーチをしていく。

光学ズーム機能が20倍以上の物がよく取れてるなぁ。って思えば
次回からは光学ズームが20倍以上のカメラに絞り込んでリサーチをしていく。

 

 

こんな風に、自分が仕入れをしてきた商品の特徴を洗い出していきます。

その際に、特徴は1つに絞る必要もなくて
処分品で光学20倍が多いと思えば
処分品の中でも光学20倍のカメラに絞り込んだりしていくのです。

 

 

他にも、おもちゃだったら

セール品なのか?
何のおもちゃなのか?
(アニメ別だったり、おもちゃの中の細かいジャンル(知育、レゴ、戦隊系、パズル)等)
大きいおもちゃ?
小さい壁に掛かってる様なおもちゃ?
アニメなら、キャラクターは?
新しい商品?古い商品?

 

みたいな感じで、仕入が出来た、販売できた商品の特徴を洗い出していきます。

 

 

これがいわゆる、縦展開って言われるところで
1つの切り口をドンドン深掘りして
絞り込んでいきます。

 

絞り込みが上手く行けば、リサーチ数に対して仕入れできる商品の割合が増えたり
リサーチ数自体が少なくなるので

廻れる店舗が増えてきたり
他のジャンルにも足を伸ばせる時間的余裕が出来たり
好きなことに使う時間も増えてきます。

 

 

ただし、絞り込みが上手く行かなくて
自分が考えて絞り込んだ場所では、なかなか仕入れが出来ないようであれば
その考え、絞り込みは失敗だという事なので
もう少しリサーチの絞りを緩めていかないといけないという事が分かってきます。

 

仕入れが出来やすい場所を他の場所(ジャンル)でも応用する考え方
(横展開)

 

1つ、ある程度絞り込みが上手く行ったのであれば
その考え方は他の店舗やジャンルでも応用を効かせれる可能性が高いです。

 

例えば、先ほどの「ヤマダ電機で処分品の光学20倍以上のカメラ」
っていう絞り込みが上手く行ったとしたら...

ヤマダ電機内の他のジャンルでも
「処分品が仕入れしやすいのかな?」
「機能によって特徴は無いのかな?」

っていう仮説が立てられますよね?

 

ヤマダ電機以外でも、ケーズデンキやビックカメラをリサーチする時に
「処分品は取り易いのかな?」
「ヤマダ以外の量販店でも、光学20倍は取り易いのかな?」

っていう仮説を立てて、
行ったことのない店舗でも切り口を最初に持つことが出来ます。

 

 

こういった、一つの切り口を他の店舗やジャンルで応用して
切り口の使える幅を広げていくことが
いわゆる横展開と言われるものですね(^_^)

 

 

同一店舗内で、
他のジャンルを自分の持っている切り口でリサーチした際に
うまくいけば、その店舗全体として
絞り込みが出来てくるということになりますね(^-^)

 

逆にうまくいかなければ、同一店舗内でも
ジャンルよって取りやすい切り口が変わってくるということが分かるので
また全頭検索から始めて、そのジャンルの絞り込みをしていきます。

 

 

他店で、自分の持っている切り口でリサーチした際に
うまくいくのであれば、そのジャンルは他の店舗でも
応用が効く絞り込みだったということになりますね(^-^)

 

逆にうまくいかなければ、その店舗を全頭検索から始めて
店舗毎で有効な絞り込みをしていきます。

 

 

一つの切り口が、同一店舗内の他ジャンルだったり
多店舗の同一ジャンルでも有効で、横展開が成功したのであれば

またそれが他でも有効なのか?っていうことを実践して
ドンドン幅を広げていくことができますね(^◇^)

 

 

横展開が有効では無ければ
また、縦展開から始めて有効そうな切り口を見つけるために全頭検索をして
切り口を見つけたら、また横展開をしていく。

 

これを繰り返していけば
リサーチ数に対しての仕入れが出来る割合が増えたり
リサーチの全体数が減っていき
効率の良い仕入れができるようになってきます( `ー´)ノ

 

 

目利きというのは
ピンポイントで利益商品を判別するという意味もあるのですが

ここまで説明した通り
リサーチするべき商品絞り込みができるというスキルも
目利きというスキルと同等だということを
ご理解してもらえれば良いかと思います(^-^)

 

 

そういった、データを抽出していくためには
セラーセントラルの、自分の在庫ページでも商品だけは分かりますが

仕入れた店舗や、仕入れ値、特徴や仮設などの自分なりのメモ書き等を残す為には
売上管理表を活用してると便利ですよね( *´艸`)

 

セラーセントラルには、残せない情報を
売上管理票の中には記録できるので
自分の過去データを遡って、見返すためにも
売上管理表は重宝しますよ( `ー´)ノ

 

まだ、売上管理表を手に入れてない、知らないという方
↓ ↓ ↓
売上管理表の詳細はこちらです。

 

全然仕入れができないっていう経験

 

次に、全然仕入れができないという経験が
なぜ超重要なのか?っていうところの説明なのですが

先ほどまでの説明の中で
切り口を見出すために全頭検索をしていても

どうしても切り口を見出すほど
仕入れができないという場所(ジャンル)も出てくると思います。

 

でも、それは「仕入れができにくい場所(ジャンル)だ。」
ってことが分かるということです。

 

 

確かに、たまーに利益商品が眠っているかもしれないんですが
確率が低くて、めったに取ることができないような場所であるなら
そこに時間をかけ続けるのは、もったいないですよね(;´∀`)

 

 

なので、何度も全頭検索してきたのに
利益商品をなかなか見つけられない。全然仕入れられない!

って感じたのであれば、その場所は切り捨てて
別の場所(ジャンル)の切り口を探して行った方が良いでしょう( `ー´)ノ

 

仕入れが出来なくても、ここは要チェック!!

 

仕入れが出来なかったとしても
仕入れできないから、この場所(ジャンル)はダメ!

っていうことだと
切り捨てる場所が多くなりすぎてしまうので

『仕入れできなかったけど、もう少し安くなってたら...
もしくは、Amazonの相場が上がれば、仕入れ対象に変わりそう。』

っていうモノが多い場所(ジャンル)は要チェックですよ!!!!!

 

なぜなら、相場は変わります。
お店の値段設定だって、何かの拍子で変わることだってあります。

惜しいなぁ...って思った場所は仕入れが出来なくても切り捨てることはせずに
定期的にチェックするべき場所(ジャンル)だということを
覚えておきましょう( `ー´)ノ

 

それを繰り返して、有効な切り口を見出していく。
ダメなものは捨てる!有効なものを活かす!

 

これを繰り返していくことで、
少しずつ、単純な端から端まで見ていく全頭検索から解放されて

確率の高いところだけを全て見ていくという全頭検索に変わり
リサーチの効率が良くなってくると思います。

 

ここまでの注意点

 

ここで注意点として
ちょっと1回や2回リサーチした程度で
ダメだぁ!って諦めるのは早いですからね(^^;)

絞り込みが上手く行ってるかどうかを確認する時もそうですけど
やっぱり、どうしても当たり外れっていうのは出てきます。

 

僕だって、店舗に行って
1つも仕入れできずに、その店舗から出てくることだってあります。

 

それは、どうしても起きることなので
最低でも、5回ぐらいは繰り返して
有効なのかどうかを判断してもらえたらと思います(^-^)

 

最後に

 

ここまでお話しした、「縦展開」「横展開」「切り捨て」が出来て、
ようやく全頭検索をしなくても良くなる。
と言いますか

全頭検索の量が減る。っていう事になってきますね(^◇^)

 

結局は絞り込んだところは全頭検索しないといけません...

だって相場は変わるし、売れ行きも変わります。
過去に利益が出た価格よりも下がってる場合もあるし、上がってる場合もある。
売れ行きも悪くなってるかもしれないし、良くなってるかもしれない。

 

あくまで、可能性の高いところを絞り込んで検索をする。

 

なので、ピンポイントで利益商品が分かる魔法なんかではなくて

全リサーチ数の中で、仕入れができる商品の割合が増える
もしくは、そもそものリサーチ数が減る

という現象が自分の中で起きて来るということになります。

 

だけど、仕入れができない商品のリサーチ数の方が多くなることは
大前提で考えておいてくださいね(>_<)

 

また、全くやったことのないジャンルや場所等
新しいことを始める時や
自分の考えが正しいのか検証する時は

やっぱり全頭検索をしていく必要が出てきます。

 

なので、結局は全頭検索は変わらずにやっていかなければならない。
ってことですね(^^;

言い換えれば、全頭検索の意味合いが
少しずつ経験値によって変わってくるっていうところです( `ー´)ノ

 

 

あ、ちなみにこれは実店舗だろうと、電脳であろうと同じですからね(゜o゜)

 

ネットショップでも同じように考えられるし

ヤフオクや、メルカリでも一つの切り口を縦展開して絞り込みをして
有効な切り口、キーワードが見つけられたら
他のジャンルでも横展開して幅を広げていく。

 

この繰り返しなので、実店舗でも電脳でも
基本的な考え方は同じなんですよ( `ー´)ノ

 

 

 

ということで、今回は以上になります。

このレベルまで到達できると
かなりせどりレベルは高くなってるかなぁ?って思いますよ(^◇^)

 

また、どこかの機会で

さらにその先にぶち当たるような壁と
その打開策っていうのも話していきたいなって思うので

また、それも楽しみにしててください( `ー´)ノ

 

 

ではでは

 

 

 

お役に立てたら、下のバナーをクリックお願いします!
僕のモチベーションの源です<(`^´)>


せどりランキング

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3sjhfiauhoajaoj

2 件のコメント

  • 拝見しました。全頭検索の意味、そこから波形させられること。学びました!なるほどなと思うことばかりなので実践してみたいと思います

    • tyomokenさん、コメントありがとうございます(^_^)

      ただリサーチして、仕入れ出来た出来ないっていう結果だけでなく
      そこからどのように考えていくのか?って言うのが重要だと僕は考えています。

      考えながらやることで、ドンドンスキルも上がってくるので
      是非意識してみてください(^_^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)