ライバルの価格差を利用した差別化で販売速度アップ!

どうも、尾崎です。

今回は、僕の販売事例を元に
仕入れ判断、販売戦略っていうのを解説をしていきます。

 

今回の事例は

「ライバルの価格差を利用した差別化」 です。

 

新品なら、誰から購入しても同じ内容の商品ですから
価格でしかライバルと差別化をすることが出来ません。

中古であれば、コンディションの違いや、付属品の有無によって
ライバルと差別化したり
説明文の書き方で、変化を付けたりすることは出来ますが

他の出品者と比べて、自分が出品する商品も
コンディションに差がない場合は
結局値段で差別化をする必要が出てきます。

 

でも、逆に言えば上手く価格差を利用すれば
差別化をすることが出来るということです。

そんな事例を、今回紹介します。

 

事例は、動画で説明していますのでご覧ください。

「ライバルの価格差を利用した差別化」

 

 

動画の中でも話していますが
せどりは稼ぎやすいとはいえ
上手く行っていない人は多いです。

だからこそ、情報発信者がいるわけです。

 

そして、ライバルの値付けを参考にして
こちらも出品価格を考えるわけですが

上手く行ってない人が多いのであれば
今の価格も正しい適正価格ではない場合もあります。

売れているだけではダメです。

 

キャッシュフローの話しを、少し前に何度も繰り返し話しましたが

リスク(仕入れ額)に対する
リターン(利益)とスピード(販売日数)

これらを、トータルで見た上で
値付けを考える必要があります。

 

キャッシュフローの関する話はこちら
せどりの算数講座

 

だからこそ、今の価格は参考にはしますが
今回の動画でも解説しているように
トータルで見た時に、最もコストパフォーマンスが良いと思う戦略を
常に考えるようにしましょう( `ー´)ノ

っていうことで、今回は以上です。

 

 

 

お役に立てたら、下のバナーをクリックお願いします!
僕のモチベーションの源です<(`^´)>


せどりランキング

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3sjhfiauhoajaoj

2 件のコメント

  • 尾崎さんの仕入れ決定までの思考のプロセスが非常に参考になりました。

    そもそも、動画で取り上げられていた商品は、モノレートで波打ちが少ないので、
    私としては、「商品の需要が無い」という判断を下して仕入れ対象外の商品でした。

    しかし、
    ・価格が下がった時に、短期間で売れていること。
    ・仕入れ値から考えて、予定出品価格がライバルに与えるインパクト。
    ・過去に、高値で購入している人がいること。
    等々、仕入れ判断の要因ひとつひとつが説得力のあるものでした。

    また、私は、中古の商品については
    「ライバルが同じコンディションでいくらで出品しているか」を
    重要視していましたが、
    動画の最後のほうで、それを覆すようなお話がありました。
    確かに、言われてみればその通りでした。

    「購入者の視点で商品を観る」というのは、
    言うのは簡単ですが、今の私が行うのは難しいことなので、
    これから仕入れの際には、この点に注意をして仕入れをしたいと思います。

    忘れないように、
    動画を見て考えたことをプリントアウトして、
    後で読み返したいと思います。

    ありがとうございました。

    • YAMAさん、コメントありがとうございます(^_^)

      こういった視点、考え方は
      確かに経験値が大きく左右したりもしますが
      知っているからこそ、意識して活かしていけるという事も間違いないです。

      そして、特にYAMAさんの考えを覆すことになった
      値付けに関する考え方も
      多くの人が勘違いしているところなので
      良い気付きになっていただけたみたいで良かったです(^_^)

      プリントアウトして、後で読み返すってところまで出来る
      YAMAさんなら、きっと今回の事を忘れずに
      活かしていけると思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)