おれがプレミア価格を作り出す価格リーダーになる

どうも、尾崎です。

 

今回は僕の販売した商品の事例解説としまして

「相場を作る価格リーダーになる」

とお話をさせていただきたいと思います。

 

 

プレミア価格ってありますよね?

商品が定価以上の価格に相場が上がってるやつです。

 

 

これって結局は、安く出品していた人がいなくなったことで、高い値段で出品していた人が残る。

もしくは、安く出品していた人がいなくなった後に、誰かが高い値段で出品する。

これによって、その商品の相場が高くなっているという事ですよね?

 

つまり、出品者がいなくなってる時って言うのは、自分がプレミア価格で出品できるチャンスだと言えますよね( `ー´)ノ

自分がプレミア価格の第一人者となるってことは、言い換えれば『自分が相場を作った価格リーダー』になるっていう事です。

 

 

 

また、プレミア価格になって売れている商品は、基本的に他のせどらーも食い付いてきますよね?

 

どこかの情報だったり、ツール等でプレミアになってるものを見つけてくる。

みんなが寄ってたかって参入してくるから、そこから値崩れが始まります。

 

でも、そのプレミア価格になった初期の頃に販売していれば、他の出品者が参入する前、値崩れが起きる前に売ることが出来る。

要するに抜け駆けして、自分は美味しい思いが出来るわけです( *´艸`)

 

 

だから、出品者がいない商品はチャンスとなることが多いんですよ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

プレミア価格と聞くと、新品が対象となる話と考える方が多いと思います。

ですが、今回の事例は新品に限らず、中古でも使える事例です。

中古でも同様に、出品者がいないときは、これまでよりも高い価格で出品できるチャンスとなることが多いです。

 

 

じゃあだからと言って、何でもかんでも、出品者がいない時はプレミア価格で出品すれば良いのか?って言うと、そういう訳ではないです^_^;

プレミア価格にする事が出来る条件として、『出品者がいなくなる前の売れ行き』がかなり重要になってきます。

つまり、元々需要がある商品なのか?ということですね(^_^)

 

 

詳しくは動画で解説していますので、是非ご覧ください(^_^)

 

【せどり販売事例】相場を作る価格リーダーになる

 

今回の事例の様に、プレミア価格と聞くと、新品が対象となる話と考える方が多いと思います。

ですがこれは、中古でも使える事例です。

中古でも同様に、出品者がいない時は、出品者がいた時の売れ行き次第で、これまでよりも高い価格で出品できるチャンスとなることが多いです。

 

無難な値付けとしては、直近で最後に売れた価格帯で出品することです。

でもそれでは、本来もっと高く売れる可能性があった時にかなり勿体ないわけです。^_^;

 

出品者がいない場合に、高く値付けが出来るのは

『出品者がいた時に売れ行きが良いかどうか?』

ここが重要です。

 

 

出品者がいた時に、よく売れているようであれば、その時よりも高く値付けしても購入してもらえる可能性は高いです。

(逆に言えば、出品者がいた時の売れ行きがあまり良くない場合は、高く値付けをすると、全然購入してもらえない可能性が高くなります。)

 

これは、新品だろうが、中古だろうが同じです。

中古でも出品者がいなければ、出品者がいた時の売れ行き次第で、高い値付けをしても売れることが良くあります。

 

 

ただ、値段を上げる際は、どうしてもケーズバイケースなので『どれぐらい値段を上げても良いのか?』は、一概には言えません。

値付けの塩梅は、どうしても経験則による感覚的な部分が大きいです。

 

でもその感覚は意識することで養うことが出来ます。

 

今後リサーチ、仕入れを行っていく中で

「やった~♪プレミア商品の仕入れが出来た~♪」

っていう、だけで終わっていたら感覚は養われません。

 

「プレミア価格で売れている商品は、元々はどれぐらいの価格帯でどれぐらい売れていたのか?」

っていう、視点でプレミア商品を見て行くことで、引き上げる値段の感覚が身に付いてきます。

 

 

そういった意識をもって、プレミア価格になっている商品を見てみてください(^_^)

(中古の場合であれば、定価以上になることは少ないので、相場が上がっている商品を同じような視点で見る)

 

 

 

そして、もし出品者がいない商品を見つけた時は、出品者がいた時に売れていた価格で考えるのではなく

「もう少し高い価格でも売れるのではないか?」

という意識を持って、出品者がいた時の売れ行きも見ながら、是非、高い値付けをすることに挑戦してください( `ー´)ノ

 

これが出来るようになると、かなり仕入れの幅も広がりますし、利益の最大化も図ることが出来ます。

 

 

今回は事例として、分かりやすくする為に、新品のプレミア価格を例として挙げています。

ですが中古の場合は、すでに生産が中止されている商品を扱うことも多いため、出品者がいない商品というのは中古の方が巡り合いやすいです。

僕自身も中古で今回の事例の様に、出品者がいない商品を、過去に売れていた価格より高く値付けをする判断で仕入れることがよくあります。

 

 

 

 

それでは、本日は以上になります。

 

 

 

お役に立てたら、下のバナーをクリックお願いします!
僕のモチベーションの源です<(`^´)>

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3sjhfiauhoajaoj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)