【せどりの算数講座④】複数仕入れ時に、リスクの少ない購入個数の計算方法

どうも、尾崎です。

まだまだ、続く【せどりの算数講座】も今回でとりあえずラストです( `ー´)ノ

 

これまでは、続けてキャッシュフローに関してのお話しを続けているわけですが

今回は実際に僕が仕入れた商品の事例をもとに
仕入れ対象になる商品を見つけた時に
複数購入が出来る状況である場合

キャッシュフローを意識した上で、どれぐらいの数を仕入れても大丈夫なのか?
っていう事を、お伝えします。

 

これまでのキャッシュフローに関する話の総括みたいな話になりますが
僕が実際に仕入れた商品を事例に出しているので
実感が湧きやすいと思いますし、

数字が苦手な人で
今までボンヤリと理解していたことが、すんなり頭に入りやすいかなと思います。

 

ちょっと長い動画になりますが

・利益率がかなり良い時
・利益率が少し良い時
・利益率が悪い時

と、3パターンに分けて説明しているので今後の仕入れの際に
購入個数を決めるのに、参考になると思います。

 

また、ちょっとした高く売る為のノウハウなんかも
動画の中で話しているので、長い分学びは多いかと思います。

 

それでは、動画を見て購入個数の計算方法をご覧ください。

 

「複数仕入れ時に、リスクの少ない購入個数の計算方法」
↓ ↓ ↓

 

この動画で話している計算方法は、
販売機会の損失を防ぎながら、キャッシュフローに無理のない
購入個数の計算方法です。

 

でも、どちらかと言うと
キャッシュフローに重点を置いているので
販売機会の損失は少し出てくるかと思います。

 

それでも、キャッシュフローが回らなければ意味は無いので
優先事項はキャッシュフローのが上です。

 

途中の、ワンポイントアドバイスとしての
ライバルの在庫数を確認した上で、高値で出品をする。

という、方法は売れ行きが良ければ良いほど有効になってくるので
意識をしていくと、仕入れの幅も広がりますよ( `ー´)ノ

高く売り抜けることも大事ですからね♪

 

また、
買い占めて、ライバルの参入を防ぐことで、
販売速度の低下や、値崩れを防ぐ。

と言うことも話していますが、計算以上の購入個数である場合は
クレジットの枠の資金ではなく
現金としての資金に余裕がある人だけにしてくださいね(^_^;)

 

今は現金の資金が余裕がない場合でも
今後、現金が増えてくれば使える手法です。

 

色んな情報発信者が、超大量に1つの商品を仕入れたりしているのは
この様に、現金の資金をたくさん持っているからなんですよね。

単純に貯まってる人もいれば
融資を受けて、現金を作っている人もいます。

 

まぁ、それは無理してやる必要はないと思いますが
今できる人はやっても良いですし
今後出来る状況になったら、やっても良い手法です。

 

と言うことで、【せどりの算数講座】は
今回でとりあえず締めたいと思います。

 

数字が嫌いな人においては
なかなか嫌な話が続いたかなと思います(^_^;)

 

でも、算数講座①の時もお話しした通り
せどりは、キャッシュフローが廻せれなければ
利益が出ているのに、断念するという
黒字倒産を犯してしまう可能性がある為

本当にここは、押さえておかなければならない考え方ですので
理解が出来るまで、見直してもらえたらなと思います。

 

それでは、以上【せどりの算数講座】でした!!

 

 

 

お役に立てたら、下のバナーをクリックお願いします!
僕のモチベーションの源です<(`^´)>


せどりランキング

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3sjhfiauhoajaoj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)