ノーリスクで出品、販売していくための練習

どうも、尾崎です。

 

前回までで、モノレートの見方、仕入れ判断の仕方を覚えていただいたので

これからは、実際に店舗リサーチをして
仕入れ基準を満たす商品を探すという活動になるのですが

 

・商品を仕入れることができたら、出品するための商品登録をします。
・商品登録が終わったら、FBAサービスを利用するために、Amazonの倉庫に商品を納品します。

 

しかし、この商品登録と、納品はいろいろと設定しないといけないことや
守らなければならないルールがあります。

最初はこの商品登録と、納品の作業がよく分からないと躓く人も少なくありません。

 

これらを先に練習しておくことにより
実際に仕入れができた後、スムーズに商品登録と納品を済ませることが出来るので
仕入れに行く前に、練習をしておきましょう(^_^)

 

動画でも、記事でもお好きな方でご覧ください。

 

商品登録と納品の練習

その練習方法とは、「家にある不用品を販売する」ということです。

 

実際に、家にある物をモノレートで検索して
売れている商品(ランキンググラフの波打ちがある商品)を、探しましょう。

※家にある不用品なので、仕入れ値は0円ということで
利益の計算はしなくてもいいです。

 

売れている商品で、いくらで販売すればいいのか?という点を
実際にモノレートから読み取ってみましょう。

 

家にある不用品ということは、中古での出品になると思いますので
中古が売れているのか?という点を意識してみてくださいね。

 

 

本でも、CDでも、DVDでもゲームでも、使わなくなった家電でも
なんでもいいので、家にある不用品を使って
商品登録~Amazonへ納品までは一通り経験してみましょう。

 

 

出品アカウントの作成時と同様に、分からないことはAmazonに聞くこと

ここの商品登録のやり方、Amazon倉庫への納品の仕方について
僕が細かく説明するよりも
Amazonに聞いたほうが最も早く的確です。

これは、一番最初の「第1章 第1部」でお話ししましたね?

 

「郷に習って郷に従え」です。

 

せどりとして、Amazon転売をしていくということは、
いわゆる、ネットでビジネスをするという事です。

 

簡単なパソコン操作等は、出来なければならないし
ビジネスとして、お金を稼ごうとする以上
分からないことを、自分である程度調べる癖をつけて欲しいからです。

 

「教えてもらえないとやれない人」
「教えられなくても自分で調べながらやる人」とでは

後者の方が、成果を出しやすいということを想像するのは容易だと思います。

 

 

その「自分で調べれることは調べる」という癖を付けるだけで
成果に繋がるスピードは、これまで僕の指導経験や、関わってきた人を見た経験上
2倍以上の差が出てくるのは、ほぼ間違いないです。

 

それと、そもそも論になるのですが
僕はAmazonのカスタマーサービス担当従業員ではないので
経験者として、アドバイスはできますが、

的確で間違いない指摘をしてくれるのはAmazonに直接問い合わせることです。

 

 

ですので、商品登録、納品の方法について
分からないことはAmazonのヘルプを参考にしたり、
Amazonに直接問い合わせたりしながら
自分なりに調べてやっていってみてください(^_^)

 

 

Amazonへの問い合わせ先、問い合わせ方法

メールでの問い合わせ

セラーセントラルへ、ログインすると
「テクニカルサポートに問い合わせ」というリンクがあるので
そちらへ飛んでください。

キャプチャ

 

以下のような画面になるので
該当する項目から、問い合わせをしましょう。

 

もし、どこに該当するか分からない場合は
その他全てで構いません。

出来るだけ、具体的に質問をするようにしましょう。

キャプチャ1

 

電話での問い合わせ

もし、Amazonの電話の対応可能時間であれば
メールではなく、電話で対応してもらうことも出来ます。

 

こちらから、直接電話をかけるわけではなく
Amazonに電話を要求することで、Amazonから電話をかけてきてくれます。

 

該当する、項目の問い合わせをする際に
「電話」を選択して、自分の電話番号を入力。

「すぐに電話をかける」を選択していただければ、
Amazonから電話がかかってきます。

キャプチャ2

 

電話の対応時間は、毎日朝9:00から夕方18:00です。
対応時間外の場合は、以下のように表示されます。

キャプチャ3

 

 

問い合わせ以外でも、Amazon出品大学を有効活用しましょう。

「Amazon出品大学」は、非常に分かりやすく
出品をするための説明がされています。

 

セラーセントラルへログインした後
画面右側にあるヘルプから、「Amazon出品大学」と検索します。

検索したら、赤丸を選んでください。

キャプチャ4

 

「Amazon出品大学」へ飛ぶと、このような画面が表示され
細かく、出品をする際に必要なことが記載されています。

キャプチャ5

 

この、「Amazon出品大学」を利用するだけでも
ある程度の必要なことは分かると思いますので

是非活用してみてください。

 

 

商品登録時のワンポイントアドバイス
僕の商品説明テンプレートの紹介

出品のために商品登録をする際に、コンディションの説明が必要となります。

 

そういった説明は
他の出品者で、「この人分かりやすいな」と思った人を参考にしてみましょう。

ちなみに、僕のコンディション説明のテンプレートは
以下のURLをクリックしたら見れるようになっています。

 

参考にしたい方は、お使いください。
※状況に合わせて編集はしますが、これらをベースに作成しています。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1raxEbs0hsprQF3T0cFFGAnugpYlViOlslVg_ctunxsg/edit?usp=sharing

 

 

ここまで出来たら、とうとう本格的に
実際に実店舗に行ったり、ネットショップで商品をリサーチして、
仕入れ基準を満たす商品を探しに行きましょう

 

 

 

お役に立てたら、下のバナーをクリックお願いします!
僕のモチベーションの源です<(`^´)>


せどりランキング

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3sjhfiauhoajaoj

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)