電脳リサーチの偽サイト判別方法

どうも、尾崎です。

 

ネット上には、たくさんのネットショップが存在します。

電脳せどりとして、ネットショップを利用する人は多いでしょう。

 

しかし、ネットショップに危険は潜んでいます...

それは、タイトルにもある通り「偽サイト」です。

 

僕も電脳をしながら、自分で偽サイトを見つけたこともありますし、リサーチ外注さんが、報告してきたサイトが偽サイトだったことも何度かあります。

 

ぶっちゃけ見た目は、全然分かりません。

でも、明らかに値段がおかしいんですよ...あからさまに安すぎる!!!

 

でも、せどりをしている中で、なかなか利益商品が見つからない状況が続くこともあると思います。

そんななかで、そういっためっちゃ安く仕入れが出来るところを見つけると

「ヨッシャ―!!!めっちゃ美味いショップ見付けた!!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/」

って、舞い上がってしまうモノですorz

 

特に上手く行ってない時は、喜びの方が勝ってしまうので、尚更そういった状態になりやすいでしょう。

 

ただ、もちろんAmazonよりも安い物を見つけるわけですから、安いことに何でもかんでも疑ってしまって、ビビっていたら、何も仕入れが出来ないのも事実。

 

 

そんな時に、どこを確認したら偽サイトかどうか判断できるのか?

 

その答えは、こちらのサイトに書いてあります。
↓ ↓ ↓
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Yoyo/6130/notes/shopping-fraud.htm

 

 

簡単に僕なりにまとめますね。

 

偽サイトの判別方法①会社概要・会社案内に載っているメールアドレスを確認する。

法律で義務とされている『会社名』『所在地』『電話番号』『責任者の氏名』が書かれていないのは、そもそも論外です。

そこ以外で注目するべきポイントはメールアドレスです。

 

名のある企業が運営するサイトで、無料取得できるフリーアドレスを使うことはあり得ません。

  • @gmail.com
  • @yahoo.co.jp
  • @ outlook.jp
  • @hotmail.com
  • @live.jp

等々、上記のようなフリーアドレスを使っていたら要注意です。

詐欺サイトからしたら、使い捨てが簡単なので、連絡を絶つことも簡単なため、これらのフリーアドレスを利用していることがあります。

 

偽サイトの判別方法②サイトのURLは「http」?「https」?

 

Sが入っているかどうかです。

『https』とは、『情報を暗号化して送信しています。』という意味です。

 

なので、特にログイン画面や、発送先や、氏名を入れるページにて『https』になっていない場合は購入しない方が良いです。

 

偽サイトではなかったとしても、 ログイン画面や、発送先や、氏名を入れるページで「http」のまま変わらない場合もあるかもしれません。

もし偽サイトではなかったとしても、セキュリティが甘いサイトであることには間違いはないので、使わない方が良いです!

 

 

 

基本的には、この2つでほとんどが回避できます。

はじめて使うサイトから購入しようと思った時は、必ず確認するようにしてくださいね!!!

 

 

 

お役に立てたら、下のバナーをクリックお願いします!
僕のモチベーションの源です<(`^´)>

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3sjhfiauhoajaoj

2 件のコメント

  • いつもお世話になり有難うございます
    尾崎さんのサイトを知った切っ掛けは、
    本をスキャンしてる場面や
    電気店へせどりにしに行くという動画で、
    臨場感があり、この世界の実態が伝わってきて
    引き寄せられました。
    やった事がない人が、最も知りたい部分で
    教えていただいてありがたかったです。
    今まで、せどりで収益をあげる方法が
    まるで見えてきませんでしたが、
    せどりノウハウ集の3章4勝は、
    特に細かく教えてくれていますので
    今まで見えなかった実像、全体像が
    はっきり見えてきました。
    とても親切なご指導に感激しています。
    有難うございます。
    今後もよろしくお願い致します。

    • 黒川さん、コメントありがとうございます(^_^)

      動画を見て、僕の事を知っていただけたんですね(^_^)
      僕自身もあの頃は良く、あそこまで踏み込んだ事をしてたなぁって
      今更ながら思いますwww

      今では、お店に注意されたりして
      なかなかあそこまで出来ませんからねwww

      でも、当時も臨場感を感じてもらいたくて踏み込んでたので
      感じて貰えてよかったです。

      そして、3章、4章の内容について
      全体像が見え頂いたのであれば光栄です(*^_^*)

      こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)