せどりとは...? 個人でも出来る理由

どうも、尾崎です。

動画でも同じ内容をお話ししてます。

読む方が良い、動画の方が良い。
お好きな方をお選びください。

 

そもそもせどりってなに?転売と違うの?

分かんない人は、ウィキペディアを見ろ!
って言いたいところでもありますが
まぁ分かりやすく説明しますねwww

 

一応、ウィキペディアを多少抜粋します。

せどり(競取り、糶取り)とは、
『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。
また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、
一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を転売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。

せどり – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/せどり

っていう、ことなんですが
僕は始めるまで、せどりって言葉も知らなかった無知な男でしたwww

まぁ、元々語源は、本から始まって
背表紙を見て、安いところで買って、高く売れるところで売る。っていうところの
背表紙の「背」を「取る」から「背取り」→「せどり」になっただとかならなかっただとかwww

 

せどり = 転売 って認識で間違いないです。

まぁ、今は本だけでなく
・CD、DVD
・家電
・生活用品
・スポーツ用品
・服、ファッション
・化粧品
・食品     等々

しかも、新品でも中古でもある意味なんでも有りって感じですね♪

 

なぜ個人でもせどりが出来るのか?

そんな中で個人でも出来るものなんですか?
って思う人もいるとは思うんですが

実際出来てるから、このブログを見ているわけだと思うし
出来ているから僕は、せどりで飯食っていけてるわけです( `ー´)ノ

 

とりあえず、なぜ個人でできるのか?っていうことを説明しますね。

 

販売先の基本はAmazonとその理由。

販売先は、Amazon、ヤフオク、メルカリ等個人で販売が出来るところなら
どこでもいいです(-ω-)/

ただ、僕自身メインとなっているのはAmazonです。

なぜAmazonなのか?と言いますと
理由は大きく分けると2点かあります。

 

FBAというシステムのおかげで
自分の在庫保管用の倉庫が無くてもAmazonの倉庫を使える。
さらには、注文一つ一つに対して発送しなくても良い。

キャプチャ565

これのおかげで、個人でも副業でもやっていけるんですよ♪
注文入ってから、発送、代金の回収を自分でやらなくても、自動でAmazonがやってくれるんですもん。

もちろん、Amazonに手数料を払う必要がありますが、人件費を考えれば安い物です♪

 

 

「モノレート」と言う、
Amazonの中で、その商品の売れ行きや、売れている価格が分かるツールがある。

キャプチャ555
↑クリックで大きく表示できます。

 

これ、実は僕が販売してたことのあるアダルトビデオです(#^.^#)
参考価格って書いてあるところが、いわゆる定価です。

 

3つのグラフがありますが、上から
・最安値グラフ(緑が新品、オレンジが中古)
・出品者数グラフ(緑が新品、オレンジが中古)
・ランキンググラフ

3つ目のランキンググラフは、たくさん波形が波打ってますが
売れればランキングが上がるということなので、たくさん波打ってるということは
たくさん売れている商品だということが分かります。

 

参考価格が4298円で、新品が最安値14100円。
中古でも参考価格より高い5200円になってます^m^

それだけプレミア級の商品ですね♪

 

もちろん、プレミアではなくて
お店が在庫処分やセールとかで安売りしている物が
ネット上でそれより高く売れていれば、それを購入して売るだけです。

手数料が掛かるので、それを加味しないといけませんが
それはまた別に書きますね(^_^)

 

正直、これがなければ現代のせどり人口のほとんどがダメになるでしょうwww
僕は、もしこれが使えなくなったとしたら
借金してでも、他のせどりやってる人と出資しあってでも
同じようなツールをプログラマーの人に作ってもらうでしょう。

それぐらい重要なツールなんです。

 

それ以外のせどりについてのあれこれ

詳しい、モノレートの見方なども、違う機会で話すとして
もう少しせどりの事について触れようと思いましたが
長くなりそうなので、次回に持ち越しします~w

 

 

 

お役に立てたら、下のバナーをクリックお願いします!
僕のモチベーションの源です<(`^´)>


せどりランキング

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3sjhfiauhoajaoj

4 件のコメント

  • FBAという仕組みがあるから個人でも物販ができるということに納得しました。物を売るということは、仕入れて在庫を抱えるリスクというのが大きいのが、これまで敬遠してきた理由です。それがアマゾンのページに商品を載せてもらえ、アマゾンの倉庫を使わせてもらえ、アマゾンから発送してもらえ、売れ行きの分析データも使わせてもらえることでリスクを最大限に小さくできるんですね。アマゾンに感謝しつつ、スキルを磨きたいと思います。

    • Sさん、コメントありがとうございます(^_^)

      物販には、僕がやっているような有在庫物販と、無在庫物販と言う手法が有ります。
      無在庫物販は、仕入リスクは無いにせよ、
      発送が遅れたり、注文後に商品が仕入れできなくて
      こちらからキャンセルをすることがあったりと
      その他の部分でのリスクがかかってくるので、効率化、仕組化などが出来ていないと
      難しい点があります。

      そういった面に関して、有在庫物販は
      分かり易くて、仕入リスクはあるにせよ
      Amazonのシステムのおかげで、無在庫の様なその他のリスクは限りなく低くできています。

      ここまで、インフラが整っているのは本当にありがたいことです。

      Amazonに感謝。
      せどらーの人達が、Amazonのサービスに慣れ過ぎてしまって
      この事を忘れている人が多いです。

      この気持ちを忘れずに、自分のスキルを磨いて行けば
      良いビジネスに出来ると思います(^_^)

  • 尾崎さんはじめまして、まだせどりのせもわかない初心者ですが、とりあえず
    メルマガ講座を登録させて頂きました。どうぞよろしくお願い致します。

    • 吉田裕彦さん、コメントありがとうございます(^_^)
      メルマガも登録していただきありがとうございます(^_^)

      せどりは初心者でも行動が成果につながりやすいビジネスです。

      僕のクライアントも、まったく分からない状態でも結果が出ていますし
      僕自身ももちろん、誰でもせどりのせの字も分からない状態から始めています。

      頑張って成果を出していきましょう( `ー´)ノ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)