せどり初心者のための基本的な仕入れ判断基準

どうも、尾崎です。

せどりで稼ぐためには、まず商品を仕入れなければなりません。

 

では、仕入れ時は何を基準に仕入れを判断したら良いのか?

今回は、せどりをこれから始めるという初心者の方に向けた仕入れ判断基準をお伝えします。

 

仕入れの判断をする時は、モノレートを使って仕入れ判断します。

モノレートの見方と使い方が分からないという方は以下の記事を確認してから読み進めてください。

関連記事:モノレートの見方と使い方をマスターすれば仕入れ判断が出来る!

モノレートの見方と使い方をマスターすれば仕入れ判断が出来る!

2015.12.24

 

せどり初心者のための基本的な仕入れ判断基準条件

まず、結論からお伝えしましょう。

仕入れを判断する際は、仕入れ先の店舗で売っている商品をモノレートで検索した際に、売れ行きと、見込める利益が以下の条件に当てはまるものから仕入れていってください。

 

①直近3か月間の波打ち10回以上 

②見込み利益(売上-Amazon手数料-仕入れ額)が仕入れ値の10%以上の商品

 例)売上15000円-手数料2000円-仕入れ額9000円=4000
 (→仕入れ額に対し約45%の利益)

③最低の見込み利益額は、1000円以上

 

上記の3点が全て合致していること

 

【参考例】

※以下はすべて直近3か月間の波打ち10回以上だとする。

 

例①)購入金額10000円に対して、見込み利益が1200円の場合

購入金額に対して、見込み利益10%を満たし、最低の見込み利益額1000円も満たしているので

条件達成

 

例②)購入金額20000円に対して、見込み利益が1800円の場合

最低の見込み利益額1000円は満たしているが、購入金額に対して見込み利益額が10%に満たしていないので

条件未達成

 

例③)購入金額2000円に対して、見込み利益が700円

購入金額に対して、見込み利益10%、
購入金額2000円以下の場合の最低の見込み利益額1000円を満たしていないので

条件未達成

 

以下から詳しく説明していきます。

 

自分が出品するときに参考とする想定出品価格

新品出品はAmazonのルール違反となる為、中古しか出品しません。

Amazonせどりで新品出品は規約違反!だからもうやめようよ...

2018.10.04

 

その為、中古の仕入れ判断することを大前提としてお伝えします。

 

自分が出品するときに参考として想定する出品価格は...

中古の出品者一覧を表示させて最安値の値段を見ます。

以下の様に最安値の出品者に送料が上乗せされていたら送料を含めた値段を、最安値として計算します。

以下の場合なら24850円+2700円=27550円が最安値となります。

 

 

中古の場合は、中古の最安値が、一旦想定とする「出品予定価格」となるので、まずは中古の最安値が仕入れ金額と同等、または低ければ仕入れ対象外です。

(仕入れ金額と同等、または低ければ利益が見込めないから)

 

売れ行きの確認

 

売れ行きは、モノレートの画面で「ランキンググラフの落ち込みの数(波打ち)」を確認しましょう。

  

売れたらランキングのグラフが下に行きます。

売れない期間中はランキングが上昇します。

 

つまり、落ち込みの数を数えれば売れている回数がわかるのです。

今回の例では、余裕で条件である『①直近3か月間の波打ち10回以上』を超えています。

 

 

利益計算の方法

出品予定価格は事前に確認しているので、その出品価格で販売した際の手数料を引いた入金額を計算します。

 

今回は以下の商品を中古として仕入れをするとして、例に挙げます。

売れ行きは『①直近3か月間の波打ち10回以上』を超えています。

 

この商品の中古の最安値は8800円なので、これを出品予定価格とします。

 

モノレートからASINコードをコピーしてください。

 

 

次に、FBA料金シミュレーターにアクセスしてください。(下記URL)

https://sellercentral-japan.amazon.com/fba/profitabilitycalculator/index

 

FBA料金シミュレーターの検索窓に、先ほどコピーしたASINコードとを貼り付けて、検索をクリックします。

 

すると、商品が表示されて、金額が入力できるようになります。

以下の画像の様に、先ほど確認した中古の最安値と仕入れをする金額を記入して『計算』ボタンを押します。

※金額を記入するところは、左側の『自社発送の場合』ではなく、右側の『FBA発送の場合』に記入してください。

 

今回は例として、仕入れ額を5,000円とします。

 

すると2,728円という計算結果になります。これが利益となります。

 

ここから利益率を計算します

 

利益条件が

②見込み利益(売上-Amazon手数料-仕入れ額)が仕入れ値の10%以上の商品

③最低の見込み利益額は、1000円以上

ということなので、今回は仕入れ額5000円以下ということで、仕入れ値に対して10%以上、1000円以上の利益が条件となります。

 

利益2,728円≧1,000円

利益2,728円÷購入金額5,000円×100=54.6%≧10%

仕入れ対象と判断できます

※注意点として、購入先に送料が含まれる場合は、送料を購入金額に計算するのを忘れないようにしてください。

 

 

仕入れ判断時の注意事項

その①俺様価格で利益計算しないこと。

利益計算をする際に、注意するべきポイントがあります。

赤枠にご注目ください

※例は新品になっていますが、中古でも同じ考えです

キャプチャ6

 

3か月で波打ちは10回以上ありますが、現在の価格に値段が上がってからは、売れていないことが分かります。

(これがいわゆる「俺様価格」と言われるものです)

 

この様な商品の場合は、現在の価格ではなく、売れていた時の価格が適正価格となりますので

利益計算する際は、現在の40000円付近ではなく、行く売れている時の価格である30000円付近での計算となりますのでご注意ください。

 

 

 

以上が、せどり初心者のための基本的な仕入れ判断基準となります。

 

これが完璧な仕入れ判断方法と言うわけではないですが、いきなり細かいことを考えると難しいです。

なので、とりあえずの基本の形として、このベースを覚えておいてください。

 

 

出品者数や新品・中古の売れてる回数は気にしなくてもいいの?

少し経験値が増えてきて、モノレートが見れるようになってくると...

『出品者数や新品・中古の売れてる回数を気にした方が良いのではないか?』

という、疑問が出てくると思います。

 

実際に、以下の様な問い合わせがありました。

※以下の画像はクリックで拡大します。

 

この様に、出品者数を気にしている方から質問が来ました。

 

 

この問い合わせに対しての、僕の返答は以下の物です。

※以下の画像はクリックで拡大します。

 

色々、解説していて難しいと思う方もいるかな?

経験値が少しあれば、この文面を見てもスッと理解できると思いますが、経験が全然ない方にとっては、ちょっとゴチャゴチャしちゃうかもしれません。

 

でも、だからこそ、僕はこちらの仕入れ判断基準の中には出品者数や新品・中古の売れてる回数のことを記載していません。

この記事の中の内容は、上記の僕の返信メールの後半部分「簡易的に判断するのであれば~」のところからの部分をお伝えしています。

 

あくまで今回は、せどりをこれから始めるという初心者の方に向けた仕入れ判断基準をお伝えました。

 

僕は仕入れ判断のスキルが、大きく稼ぐためにも、リスクを減らしながら稼ぐためにも、超超超超超超超超重要だと思っています。

 

しかし、仕入れ判断は正直ケースバイケースです。

一言に「こうだ!」と言えるものではありません。

 

なので、仕入れ判断には経験値が相当必要なのです。

経験値は「リサーチ数」「販売数」両方が必要なのです。

 

リサーチ数が増えれば、モノレートを見るという感覚は養われます。

でもそれだけでは、その判断が正解かどうかも分かりませんし、他人の仕入れから学んでもそれは結局他人事で、少しずつしか経験値を積んでいけません。

 

なので、実際に仕入れて、販売をすることが本当に重要なんです。

 

 

思ったように売れることもあれば、思ったように売れないこともあるでしょう。

前回同じような判断をして速攻売れたのに、次はなかなか売れないことだってあるでしょう。

そのままの値段で売れることもあれば、値下がりしてしまうこともあるでしょう。

売れずに自分からも値段を下げることだってあります。

赤字で売ることだってあります。

今の僕でも赤字になることはあります。

 

 

だけど、せどりで一番だめなのは「売れない事です」

赤字でも売れれば仕入れ金額を幾分も取り戻すことが出来ます。

売れなきゃ仕入れ金額がそのまま丸っと失われている状態が続きます。

つまり負債を抱え続けている状態です。

 

売れてくれれば、その結果から、仕入れ判断が正解だったのか間違いだったかの答えが出ます。

その答えのテストケースが増えれば増えるほど、仕入れ判断の修正をしていけます。

 

だから、まず重要なのは僕の返信メールの最後に書いているように

3ヶ月で10回売れているのであれば
その商品に需要が有ることは間違いないので
売ろうと思った時に、
値付けやコンディション次第でコントロールはしやすいという面を考えて
出品者数は無視して良いと思います。

 

だから、せどりをこれから始めるという初心者の方は、とりあえず出品者数は考えずに

①直近3か月間の波打ち10回以上 

②見込み利益(売上-Amazon手数料-仕入れ額)が仕入れ値の10%以上の商品

③最低の見込み利益額は、1000円以上

これを基本のベースとして考えておけば、赤字になる商品はあると思いますが、トータルではプラスとなる可能性は非常に高く、尚且つ経験値もたくさん詰めるものだと僕は考えています。

 

経験値が増えてきたら、徐々に基準を変更していけば良いのです。

逆に言えば、経験値が少なければ基準を変更することもできないし、ケースバイケースの複雑な仕入れ判断が出来ずに、仕入れ量は増えていかない事でしょう。

 

 

まとめ

僕はもっと高い仕入れ基準で普段は仕入れをしています。

しかし、僕が実践している基準で仕入れをしようとすると、初心者で仕入れをすることがかなり難しいです。

 

あくまでこれは、これからせどりを始める人に対して、かなり甘く見た仕入れ基準です。

これからせどりを始める人は、まずは仕入れをしなければ経験を積めないため、かなり甘く基準を作っています。

基準は後から上げていくことは簡単ですが、下げることは難しいからです。

 

 

かなり甘い基準ですが、この基準で仕入れをしていたら大きな損失はすることなく経験を詰みつつも、利益は残せるはずです。

 

ですが、この基準だけでは仕入れをするのも難しいので、今回の仕入れ基準をベースとした、もう少し応用的な仕入れの判断基準を以下の記事で解説しています。

ここでお伝えした仕入れ基準を理解出来たら、以下のページの応用パターンも理解できるはずです。

 

関連記事:初心者でも仕入れが増やせる!応用仕入れ判断基準6パターン

初心者でも仕入れが増やせる!応用仕入れ判断基準6パターン

2015.12.26

 

上記の記事も、今回の記事同様に、経験を積むためにかなり甘く基準を作っていますが、大きな損失はすることなく経験を詰みつつも、利益は残せるはずです。

 

 

仕入れ基準は、経験を積みながら臨機応変に変更していけば良いです。

 

僕自身も、仕入れ基準はもっと利益率も高いし、応用的な仕入れもたくさんしています。

正直、今の僕は仕入れ値の10%の見込み利益では仕入れはせずに、基本的に30%以上です。

しかし、初心者がいきなりそんな基準で仕入れをしようと思っても難しいです。

結局仕入れが全然出来なくて、稼げないからせどり辞めるなんてことになったら始めた意味がないですもん...

 

でも、そういった基準を変えたり、応用的な仕入れは経験が積めないと出来ないです。

だから、利益を残しつつ、経験も積めるギリギリのラインの基準で、かなり甘く基準を作っています。

 

 

ですので、まずは経験を積むことを優先的に仕入れをしていって、徐々に基準を変えたり、応用仕入れに挑戦していってください。

 

 

それでは

 

 

お役に立てたら、下のバナーをクリックお願いします!
僕のモチベーションの源です<(`^´)>

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

にほんブログ村

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3sjhfiauhoajaoj

2 件のコメント

  • はじめまして
    今から始めていこうとしています。
    具体的に書かれている記事が多く、とても勉強になります。
    これからも読ませて頂きます。

    • 杉浦さん、コメントありがとうございます(^-^)

      出来るだけ僕自身も具体的に伝えられるように意識してますので
      そうやって言ってもらえてうれしいです(#^.^#)

      是非他の記事などもご参考にしてもらえたら幸いです。

      これからもよろしくお願いします

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)