初心者がよく失敗する仕入れ判断ミス

どうも、尾崎です。

 

ここまでで、仕入れ判断の方法を説明してきましたが
ここで、多くの人が判断ミスをする事例を紹介したいと思います。

 

動画でも、記事でもお好きな方でご覧ください。

 

中古しか売れていないのに
波打ちだけ見て新品を仕入れる

 

これは、プレミアになっているゲームや、DVD、のプレミア商品(定価越え)。
古い中古の家電などで、良く起こっている現象なのですが

 

すごく売れているように見えて、新品の値段が高すぎるために
中古ばかり売れていることが、良く有ります。

 

例えばこの商品

キャプチャキャプチャ1キャプチャ2キャプチャ3

3か月間で、良く売れているのが分かります。

しかし、新品の値段に注目してください。
かなりの高価格であることが分かります。

 

実際に、新品の出品者がずっと1人のままです。

しかし、中古は出品者が減った時に、ランキングが上昇しているところが多いです。

 

こういった、明らかに新品が高すぎるんじゃないか?っと言った時は
新品が売れているということが考えにくいです。

 

 

絶対ではありませんし、明確な金額の基準を出すことは出来ませんが
今までの人生経験として、「これは新品高すぎるだろう?」と思える感覚的な判断で
大よそ、外れはしないと思います。

 

万が一、こういった商品で新品を仕入れできたとしても
今の新品の価格で出品しても売れない可能性があるので注意してください。

 

もし、新品が仕入れできたとして、出品する際の値付けとしては
今の新品価格より、かなり下げる必要があります。

 

6か月、12か月、全期間の中で、
新品が売れた形跡のある金額が分かれば、そこに合わせれば良いですが

過去のデータにもない場合は、感覚的でいいので

 

「中古がこの値段であれば、新品がこれぐらいなら買いたい人がいるのではないか?」

 

と、思うような値付けを考えてください。

 

 

この値付けに、答えはありません。
結果論でしか語れない部分なので、答えはやってみないと分からないというところです。

 

この商品の場合、中古でこれだけ頻繁に売れているので
この商品を欲しいと思って、探している人がたくさんいるということです。

 

なので、新品で買っても良いと思われる適性の価格になった時に
売れる可能性は十分あります。

 

 

中古が新品よりも高い
もしくは新品と中古が同等の値段で会った時に
中古の最安値に合わせて、中古を仕入れる

 

新品よりも中古の方が高かったり、新品と中古の価格差が無ければ
誰だって新品を購入すると思います。

 

しかし、初心者で良く有るミスとして

中古を調べているから、新品の価格は見ずに
中古の最安値しか見ていなくて、利益が出せると勘違いする人が多いです。

 

以下は、僕の有料企画の参加者の人が
課題として、仕入れた商品とその理由を提出してくれた時のメールの画面です。

キャプチャ5

 

この商品の、モノレートは以下のようなものでした。

キャプチャ6

 

確かに、ライバルも少なくて
仕入れ値も安いので、リスクは少ないでしょう。

 

しかし、「中古-良い-」として出品して
出品価格が7962円の中古最安値で出品しようとしていました。

 

新品が5480円なのに、中古をそれ以上の価格で売れるわけがありません。

 

過去のデータの中でも、新品と中古の価格差が無いところでは新品。
急に中古の値段が下がったところで、中古が売れている
ということも判断できます。

 

 

しかし、この提出してくれた人は
現状の中古の最安値で出品を考えていました。

 

きっと自分が中古を仕入れようとしていることで
新品の価格を確認せずに
直近の1月4日辺りで、ランキンググラフが動いていたので
今の価格で売れていると勘違いしたのでしょう。

 

しかし、こうやって落ち着いて新品と中古の価格差や
過去の動きを見れば、容易に今の中古の価格は、
売れる適正な価格ではないことが分かると思います。

 

この商品の中古の適正価格は、僕の見解からすると
2500円~3000円と言ったところでしょうか。

 

直近3か月の中で、それぐらいの値段帯で
短い期間で中古が売れている形跡があるからです。

 

 

言われると簡単なのですが、仕入れている時
多くの人が、慣れないうちは近視眼的になってしまうので
そういった部分まで目が行き届かずに、見逃ししてまうケースが多いです。

 

 

なので、必ず

・新品が売れているのか?中古が売れているのか?
・新品と中古の価格差が十分にあるのか?

 

というポイントを、必ずチェックするようにしましょう。

 

 

こういった、細かい注意するポイントや
仕入れ判断の基準などを頭に入っていない時は
 

実店舗に仕入に出向く際に、スマホの中に保存をしておいて
いつでもその場で確認が出来る様にしておきましょう。

 

 

 

お役に立てたら、下のバナーをクリックお願いします!
僕のモチベーションの源です<(`^´)>


せどりランキング

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3sjhfiauhoajaoj

2 件のコメント

  • まだやり始めて間もない私の考え方を見直してくれた内容でした。
    波形の動きだけに捉われず中古品と新品の関連性、動きまでをみて進めて行きたいと思いました。
    その他もせどりすとの設定方法など大変勉強になります。

    • kureyaさん、コメントありがとうございます(^_^)

      波形の動きは重要ですけど、判断の材料はそれだけではないですからね(>o<") 色んな複合的な要素を見ることで 仕入れの幅が増えたり、精度も上がったりするので この記事の内容を理解してもらえてよかったです(^.^) その他の記事もお役にたてているようで 光栄です(^_^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)