キャッシュポイントを増やす?...ちょっと待って!

どうも、尾崎です。

以前から

Amazon依存は危険だし
キャッシュポイントは増やしとかないとね!

ってよく言われていたりしましたが
そのたびに僕は

尾崎
ん~...安易にそう考えるのはどうなんだろう(;一_一)

って思ったります。

 

特に、最近のAmazonの規約変更の激しさなどから
これを言う人が本当に増えてきました。

そんな今だからこそ、今回の僕の話に少し耳を傾けてほしいって思います。

 

キャッシュポイントについての前書き

今回話すキャッシュポイントを増やすという考え方は
増やした方が良い状態の人と
今はそれを考えるべきではない状態の人がいます。

後者の人が安易にキャッシュポイントを増やそうと考えると
自滅する可能性があるので
自分が今どちらの状態にあるか自分自身の現状を把握してみて欲しいです。

 

せどりをやっている人は、間違いなく「稼ぐ」ということが
まず最初の目的だと思います。

 

だからこそ、キャッシュポイントについて
正しい認識をしなくては、
ただの金の亡者になってしまったり、逆にお金が減ったりして
一生お金の呪縛から離れられなくなってしまいます。

 

 

そもそも、キャッシュポイントを増やすということが
悪いわけではないです。

 

キャッシュポイントに関して
間違った解釈のまま、進んでほしくないのです...

 

それでは、本題に入っていきましょう。

 

キャッシュポイントを増やしたいのはAmazon依存は危険だから?

とりあえず、このせどり業界でキャッシュポイント増やそうと考えている人は
真っ先にこの
「Amazon依存が危険だから」
という理由を挙げる人が大半かと思います^_^;

 

まず、ここで伝えたいのは
そもそも「依存」ということがそれほど悪いものなのか?

ここに注目してもらいたい。

 

どんなビジネスであっても依存を免れることなんてできないんです。

Amazon依存が危険だからヤフオク、Yahooショッピング、メルカリとかも使っていきたいです!

こんなようなことを大半の人が言いますが...
はい、これらは全てプラットフォーム依存ですorz

Amazonではないプラットフォームを使うというだけで
プラットフォームへの依存であり続けることは変わりないんですよね^_^;

 

こういった情報発信だってGoogleに依存してたりするわけでして
そもそも、インターネットに依存しているとだって言えます。

 

ネットではなく、リアルでお店を構えて事業をしている人達だって
土地、チラシ、看板等々、事業を回すために色んなものに依存してるわけです。

 

何かに依存したくない!って言うのであれば
自分がプラットフォームになるしかないって話になるんですが
もっと言ってしまえば、事業、ビジネスは全て他者依存です。

 

何かを提供するのも人であり、お金を払ってサービスを受けるのも人。

なので、人に依存をしなければビジネスは出来ません。

 

つまり、何かに依存しているということは至極当然なことであり
「依存」ということをネガティブに捉えることは
非常に狭い世界で物事を見ていないか?と考えられます。

 

でも、ここで出てきそうな意見としては

イヤイヤ、尾崎さん。言ってることは分かるけど依存のし過ぎもダメでしょ?
Amazonに依存しすぎたら危ないじゃん。
他のプラットフォームとか販路増やしてリスク分散させないと...

って、言われそうですね^_^;

 

この懸念事項ついては2通りの考えがあります。

・1つ目 Amazonの規約変更で利益を上げるのが難しくなる。
・2つ目 アカウント閉鎖(通称アカバン)されるリスク。

 

1つ目 Amazonの規約変更で利益を上げるのが難しくなる。

正直、これは厳しいことを言うようですが
どんなプラットフォームだろうと
どんなビジネスだろうと
ルール変更、仕様変更などはあるものです。

 

せどりじゃなくても、こういった情報発信だって
Googleのアルゴリズムが変更されたりして
動きは常にあります。

スポーツだってルール変更とかあるわけだし
そもそも法律だって変わるわけでして^_^;

 

何かの変化によって使えなくなる手法などが出てくることはありますが
そういった変化に対応できるかどうか。
っていうのが本当のチカラではないでしょうか?

 

つまり自分が何もしなくても世界は回るし、変化し、成長し続ける。
だから自分自身も変化、成長しなければならない。
立ち止まっているのは衰退しているのと変わらない。

 

これがまさに当てはまることだと思うので
「Amazonの規約変更で利益を上げるのが難しくなる。」
という懸念事項に関しては

自分自身が成長出来て変化に対応できるチカラを身に付ければ
解決できる話だと思います。

 

2つ目 アカウント閉鎖(通称アカバン)されるリスク。

たぶん、こっちの方が多くの人が懸念していることだと思います。

 

でも、よくよく考えても見てください...

 

アカバンされて、新規アカウントで再登録して
再度稼いでいる人なんて腐るほどいます^_^;

 

確かに、アカバンになるのはめんどくさいので
そうならないように動くわけですが

新規アカウントで再登録が可能なら
その時の対処法がないわけでもないってことです。

 

というか、そもそも論として
アカバンにならないように、Amazonの規約を理解して
まじめに取り組んでればそこまで大事になったりする可能性は低いはずです。

 

去年(2016年)の5月ぐらいだったかな?
規約違反によるアカバンが大量発生した時期がありました。

その時のアカバン対象商品とは「18禁の同人誌」でした。

 

これには、当時の同人アダルトに関する規約が関わってきます。

当時、Amazonでは同人アダルト商品の出品が禁止されていました。

当時の規約の文言は同人に関して全てのアダルト商品の出品禁止と書かれていて
Amazonに確認した際も。同人アダルトの出品は禁止と返答をもらいました。

現在は規約の文言が微妙に変わって
著作権者の許諾を得ていれば同人アダルトも出品できるかもしれませんが
確認は取ってないので定かではありません。

 

当時の規約通り、18禁の同人誌を販売していれば規約違反となりアカバンです。

 

この頃には、アダルトせどらーとして僕の事を認識している人が既にたくさんいたので

なんで尾崎さんはアダルト扱ってるのに今回アカバンされてないんですか?

っていう問い合わせたくさん来ましたwww

いやいや、舐めんなってwww

規約とかを把握して問題の無いアダルト商品を販売してたからですよ^_^;

 

しかし、この時は
18禁でもないフィギュア等を出品していた人も対象とされてしまい
同人誌なんて出品していない関係のない人もアカバンされるという
摩訶不思議なことが勃発していましたorz

理由が不明だったのですが
結局、「Amazonのミスでしたー」ってことで
その時期にアカバンされた人は一斉にアカバン解除されました(ーー゛)

 

だけど、実際に話を聞いていたら明らかにアカバン対象の商品になる
18禁の同人誌を販売していた人がたくさんいました。

 

この時に関してはAmazonのミスってことで一斉に復活できましたが
別のタイミングで18禁同人誌の販売をしていてアカバンになっていたら
復活はないでしょう。

実際に、この騒動以前から同人誌でアカバンされた人がいる
っていう情報も聞いてますから。

 

つまり、ルールを把握していた僕は何事もなくて
ルールを把握していない人はそういうリスクにさらされていた。
っていうことです。

 

 

他にも、最近の話で
先月(2017年9月)のAmazonの新品規約の変更だって
マジメに取り組んでる人は、ほとんど影響ないです。

※規約変更についての詳細はこちらの記事の中に記載しています。
コンディションの設定と説明文について

 

Amazonの刈取りだって、ちょっと考えればわかることで
Amazonにとって良い話ではないし

個人からの仕入れについても、元々の新品の規約である
保証書の件や、開封に関して無視して
悪評が付きまくってる出品者が明らかに増えてました。

リサイクルショップやヤフオク、メルカリで開封されているのに
未使用だということで、新品で出品する人が増えてましたからね。
(そういうことを教える残念な発信者も多くなってるんですが)

 

そういった悪徳出品者が今回のような規約変更に振り回されて
アカウント閉鎖の危機に陥るんです。

 

マジメに取り組んでいる人にとって
大きな影響はないです。
(個人からの仕入れで新品として仕入れが出来なくなったぐらい)

 

それでも、何かしらのとばっちりはあるかもしれません。

 

とばっちりは最悪の場合というか、
イレギュラーで防ぎようがないかもしれませんが
(先ほどのAmazonのミスの場合は完全にイレギュラー)

さっきも言った通り、最悪とばっちりでアカバンされても
新規アカウントで再登録が出来ないわけでもないし
その時に対処できる体制を整えてあれば(新規復活までの生活費や仕入れ金の支払いが出来る程度の貯蓄等)
無傷ではなくてもどうにかならないわけではない。

 

それでも、アカバンがあるからAmazon依存は危険だー!って言ってる人は
自分で危ないことをやってる。って露呈しているとも捉えられます。

 

マジメにやってれば、依存というよりも
最も稼ぎやすい場所で、最大のパフォーマンスをしているというだけで
依存だとかそんな無駄なエネルギーを浪費する必要なんてないんですよ( ´艸`)

 

Amazonだって、せどらーは上客です。
手数料として利益に大きく貢献してくれるわけですから。

せどらーをつぶそうとしているわけではない。

Amazonにとって、悪評価が付いたり、不利益になるような
悪徳セラーを排除するために規制や規約変更をしているわけです。

せどらーが増えている昨今、
そういった人が入らないように防止するために規制がかかってたりもしています。

 

そう考えたら、依存ではなく共存と捉えて
Amazonと付き合い続けられるように活動をしてくべきですよね(^◇^)

 

キャッシュポイントを増やしても良い状態がある

では、最初の方で触れた

・キャッシュポイントを増やした方が良い状態の人。
・今はそれを考えるべきではない状態の人。

これらについて話を進めて行きましょう。

 

まず、副業と専業とではちょっと考え方が違います。

 

副業の場合

会社の給料も使う時間もほぼ決まっているので
大抵の人の目的は

「使える時間を使って、プラスαの収入を得たい」

という目的でせどりをやっていると思います。

 

なので、そもそも論として
さらにキャッシュポイントをさらに増やす時間は
なかなかないと思います^_^;

 

そして、アカバンされたとしても
会社の給料が定期的に入ってくるわけなので
アカバンされることへのリスクは専業の人に比べて格段に低い。
(仕入れ金の支払いが出来る程度の貯蓄があれば、生活は会社の給料でほとんど賄えるはず)

なので、副業としてせどりでキャッシュポイントを増やすのはOK。

 

しかし、それ以上のキャッシュポイントに関しては
時間的に余裕が出来たときに考えれば良いことだし
お金だけが目的であるのであれば、Amazonで目いっぱい稼げば良い。

となると、副業の人はキャッシュポイントを増やしたいと考えた場合
そもそも何のためにそれ以上のお金が必要なのか?
っていうところに論点が変わってくる。
(生活は会社の給料とせどりで十分すぎるほど稼げるはず)

※この論点に関しての解説は後程

 

では、専業の場合は?というと...

外注化したりして時間に余裕があるならまだOK。

会社員の様に、ある程度の時間も収入も計算できるので
新しいことにチャレンジするのも良いと思います。

 

しかし、一番ダメなのは
せどりに時間もそこそこ使って
それで生活しているのであれば
別の事をやることでエネルギーの分散となって生活に支障が出る場合があります。

 

結局、キャッシュポイントを増やそうとして
新しいことを始めても、どちらも中途半端になって
トータルで収入が減る可能性が高くなる。

 

アカバンされた時のために
リスク分散としてキャッシュポイント増やそうとすることで
結局収入が減って、生活に支障が出たらそれこそ本末転倒じゃないですか?orz

 

意外と、こういう人多いです...

生活は出来ているけど、単純にサラリーマンの時ぐらいの収入が入ってるだけで
せどりの時間は減らすことが出来ない。

せどりの時間を増やすことも出来ない。

なのに、キャッシュポイント増やさないと。なんて言ってる人は
自分の状況を分かってないのか、
もしくは新しいキャッシュポイントが簡単に作れるって舐めてるのかどちらかです。

 

もしくは外注化とかはしてなくても、
今のせどりの活動時間を減らして収入が減っても生活に支障がないぐらい
現状で稼げてるならならOK。

または、現状のせどりの活動時間がそもそも少なくて
自由に使える時間が大きく取れているというのであれば
それは収入が減ることないのでOKだと思います(^_^)

 

 

要するに、もっと少ない時間で同じ金額が稼げるようになるか?
もしくは同じ時間で大きく稼げるようになるか?

専業の人は効率よく稼げるようになってからでないと
キャッシュポイントを増やせられるステージにも立てないんですよ。

けど、キャッシュポイントだのAmazon依存だのを言う人は大抵そのステージ以下の人が多い...

 

だって、そのステージに立ててるレベルの人は
既にキャッシュポイントが増やせれてる人が多いんですもん^_^;

 

ではなぜ、そのステージの人はキャッシュポイントが増やせれるのか?
その理由を次に説明します。

 

キャッシュポイントを増やすことに対して正しい考え方は大きく2つ

 

・利益を大きくするために販路を増やす

・1つの収入は生活の為で、プラスαの収入は自分の幸福感や充実感の為

この2つです。
それぞれ説明していきます。

 

1つ目「利益を大きくするために販路を増やす」

これがキャッシュポイントを増やせられた人のステージの1つです。

 

まだまだ売り上げが上げられる、仕入れられる、
そしてキャッシュフローなどを考えてより多く売るため、回転を上げるため。
と考えてる人は、必然的に販路を増やすことになるでしょう。

 

つまり、Amazon以外の販路でキャッシュポイントを増やすのは
利益の最大化を図るというのが目的である場合は正しい考えです。

 

リスクを分散させることが目的と言うわけではなく
利益を向上させるためにとる行動が必然的にリスク分散につながっている
ということですね(^_^)

 

分かりやすく例を挙げると
Amazonで月に100個売れる物を200個仕入れられるのであれば
Amazonのみで売ることは販売機会の損失になる。
(キャッシュフローで赤字になる可能性もある)

それなら、別の販路ではAmazonで売るよりも利益が減ってしまったとしても
別の販路使って商品の回転を上げることで
利益のトータル最大数も上がることになる。ってことです。

 

 

さっき、分散させることで収入が減る。って言ったのは
まさにこれの悪いパターンです。

仕入れ量も時間も大きく増やせられなくて
Amazonで事足りているのに
わざわざ他の販路で販売することで利益の最大数が減る。

 

しかも、FBAを利用することで作業量の大きな低減となるのが
Amazonの大きなのメリットであるわけですから
他の販路での販売を行うことで、作業時間も余分にかかってしまう。

 

つまり、リスク分散として販路を広げてキャッシュポイントを増やすのではなく
利益の最大化のためにキャッシュポイントを増やすことで
必然的にリスク分散につながると考えておかないと
自滅することになるかもしれないってことです。

 

それが出来ないなら、最も稼ぎやすく、作業量も少ないAmazonで確実に稼いで
アカバンにならないように、まじめに取り組み
万が一の時に対処できる体制(新規復活までの生活費や仕入れ金の支払いが出来る程度の貯蓄等)
を整えておくことが重要かと思います。

 

 

 

ただ、重要なのは
なぜそこまで利益を最大化したいのか?
ってところです。

※ここが、先ほど副業の人に対して
そもそも何のためにそれ以上のお金が必要なのか?
っていうところに論点が変わってくる。
と話した部分です。

 

せどりをやっていて楽しいと思えてるなら
好きなことをやって必然的に利益が増えてるわけなので良いんですが

お金って何かの交換の道具でしかないわけでして...

お金の使い道がなければ必要以上に稼いでも意味がないんですよねorz

 

少なからず、販路を広げることで
多少なりとも時間と労力はかかるわけです。

 

ただ、目的も無く稼ぐことだけ考えるのって寂しくないですか?

 

生活(生活費、生活準備金(貯金))が必要以上余るぐらいなら
その時間と労力を大切な人の為や、
自分の好きなことに使う時間に当てた方が良いと僕は考えます。

 

つまり、自分が必要とする、目的とする時間、お金を自己分析して
適切な時間と労力を算出したうえで利益の最大化を図りましょう。
ってことです(^_^)

でも、せどりが好きでやっているのであれば目的がお金だけではなく
自分が好きなことを追及しているっていう目的に変わって来るので良いと思います(*^_^*)

他にも何かしら利益を増やす目的が明確になっているなら
全然良いと思います(^_^)

 

 

2つ目「1つの収入は生活の為で、プラスαの収入は自分の幸福感や充実感の為」

※生活とは、生活費、生活準備金(貯金)のこと。

これがもう1つのキャッシュポイントを増やせられた人のステージです。
先ほどはせどりの延長線上ですが
こちらは別の事になるので時間の確保が必要不可欠となります。

 

1つの収入と言うのは、会社の給料でも良いし
専業せどらーなら、まさにせどりの収入ということですね。

 

1つの収入で、必要なお金が稼げているなら
2つ目もお金だけを目的にしたキャッシュポイントを作ったところで
また次も作りたくなって、また次もって...

青天井ですよorz
結局それは金の亡者へ進む道です。

金の亡者は、物事や人付き合いもお金で考えます。

 

そんな人になりたいですか?って言われたら
ほとんどの人が嫌だというはずです。

少なからず、僕は絶対に嫌です。

でも、こういった業界で生きていると
悲しいですが
金の亡者になって人が変わってしまった人をよく見ます。

 

生活していく収入は今の稼ぎ。
別の仕事で、プラスαの収入は自分の幸福感、充実感を得られる仕事をするべきです。

先ほど話した、
「せどりが好きでやっているのであれば目的がお金だけではなく
自分が好きなことを追及しているっていう目的に変わって来る」
っていうのも、プラスαの収入は自分の幸福感、充実感を得られる。
というところに結びつきます。

 

別の仕事をするっていうのは、
サラリーマンの副業と似た感覚ですが
副業の場合は、得る収入に目的があるわけですよね?

その得た収入で目的を満たすことにより、幸福感、充実感を得られるはずです。

 

でも、そもそもその別の仕事自体が自分の好きなこと、得意なこと、感謝される事であった場合
その仕事をやること自体に幸福感があり、充実感を得られるようになります。

(もちろん、別の仕事をするための時間は確保する必要があります)

 

 

僕が情報発信を続けているのは
この仕事をやること自体に幸福感があり、充実感を得られるからです。

(情報発信コンサルを同時に受けていたコンサルメンバー8人のうち
続けているのは僕とMOTOHARUだけです。※もしかしたらもう1人いるかもですが不明)

 

目的がお金だけで、Amazon依存が危険だと本気で言うのであれば
専業の人はサラリーマンに戻れば良い。
それが一番無難にキャッシュポイントを増やせれます。

 

キャッシュポイントを増やすべきとみんなが考えてしまうのはなぜか?

実はそもそも、ここが問題であり根源です。

結局、これって情報発信者が原因となってることが多いです。

 

思い返しても見てください。
あなたが「キャッシュポイントを増やさないと」「Amazon依存が危険」と言うのは
自分から思ったことですか?

多分違うと思います。
本当に自発的にそう感じたのであれば、すでに動いているはずです。

結局、情報発信者がそういったことを発信しているのをたくさん聞くから
軽い洗脳状態になってるのです。

それがまた別の人も同じような発言したりして
どんどん影響されてしまう...

悪循環です。

 

情報発信者の中には、先も言ったように
利益の最大化のために販路を増やして必然的にキャッシュポイントを増やすことを
体現している発信者も間違いなくいます。

そういった人が発信する内容に関しては
信憑性も出てくるし、その人に教わることは良いことでしょう。

 

しかし、それは一部の発信者です。
ほとんどの発信者はそれを体現できていないです。

 

じゃあ、なぜ体現できていない発信者まで
キャッシュポイントを増やすなんてことを言うのか?

答えは簡単です。
不安を煽って、他の販路で使えるツールや教材の
アフィリエイトをすることがほとんどの目的でしょう。

 

そもそも、キャッシュポイントを増やそうなんて言ってる発信者も
伝えてるノウハウとか、コンサルとかがAmazonになってるなら
他の販路で大きく稼げてないってことだし
自分も体現できてないのに、その発言って矛盾してません?

 

一部例外として、販路を増やした方が良いと思うぐらいの実力者に向けて
発信しているのであればOKですが
自分のせどりもAmazonメインで、Amazonせどりを教えてるのに
Amazon依存が危険だとか...

ただの不安の煽りでしかないということに
みんな気が付いてほしいです。

 

じゃあ、逆にAmazon以外のヤフオクやメルカリ等をメインにしている
発信者に学べばよいのか?と言うとそういうわけではありません。

もとからヤフオクやメルカリ等をメインとしている人から学んでも
作業の関連性が薄くなるので、まったく別の事に取り組むイメージで
それこそ時間も労力も大きくかかるし、下手したら収入減ります。

 

結果的に販路を増やしてる人、それを体現している人からなら
キャッシュポイントを増やす方法を学べると思いますし
その発信に信憑性も出てきますが

体現できてない人の
「キャッシュポイント増やさないと」
「Amazon依存危険」
という発言は鵜呑みにしない方が良いです。

 

 

それならば、そんな周りの声に振り回されずに
ここまで話してきた

・キャッシュポイントを増やせられるステージに立ててているのか?
・新しいことを学ぶ時間が作れて、生活するための収入も確保できているか?

この自己分析をしたうえで
クリアしているならキャッシュポイントを増やす活動をしても全然良いと思うし

クリアしていないならクリアできるように努力をする。
もしくは、Amazonで確実に稼いで
アカバンにならないように、まじめに取り組み
万が一の時に対処できる体制を整えておくことが重要かと思います。

 

 

キャッシュポイントを増やすことのまとめ

ここまでかーなーり長い記事となってしまいましたが
いかがでしたでしょうか?

 

重要なことをザックリですが、まとめさせてもらうと

◆依存は本来当たり前の話で、変化に対応できるチカラと
ルールを把握して、依存ではなく共存と捉えて
Amazonと付き合い続けられるように活動する。

 

◆キャッシュポイントを増やす目的として大事なのは
自分の幸福感や充実感を感じられることかどうか。

 

◆お金の為だけなら、副業でやることが最も無難。

 

◆キャッシュポイントを増やすことを体現していないのに
普通に自分もAmazonメインで、Amazonせどりを教えてるのに
Amazon依存が危険だという発言は矛盾している。

 

◆いざ、キャッシュポイントを増やそうと思うなら

・キャッシュポイントを増やせられるステージに立ててているのか?
・新しいことを学ぶ時間が作れて、生活するための収入も確保できているか?

これらの自己分析をしてクリアしているなら
キャッシュポイントを増やす活動をするのは全然良い。

クリアしていないならクリアできるように努力をする。
(クリアしてない状態でキャッシュポイントを増やそうとすると自滅の可能性あり)

もしくは、Amazonで確実に稼いで
アカバンにならないように、まじめに取り組み
万が一の時に対処できる体制を整えておくことが重要。

 

 

それでは長ーい記事になってしまいましたが
この記事の内容が少しでも伝わって
キャッシュポイントを増やすということについて
正しく判断できる人が増えてくれることを祈っています。

 

そして、お金だけにとらわれずに
幸福度の高い稼ぎ方をしてくれる人が増えることを
僕は願ってます。

 

その為に僕は情報発信をしていて今後も活動を続けます。

 

 

最後までありがとうございました。

 

 

下のバナーをポチっとクリックして応援よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 小遣いブログ 転売へ
にほんブログ村

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3sjhfiauhoajaoj

8 件のコメント

  • この記事を読むまでは単純にキャッシュポイントは増えればいいと考えていました。
    なぜキャッシュポイントを増やすべきか、それについての自己分析が必要とは考えたことがなかったので1つ学びが増えました。
    また見させていただきます、ありがとうございます。

    • 西山さん、コメントありがとうございます(^_^)

      正直、昔は僕もそうでした。
      浅はかにキャッシュポイントを増やすことが大事だと考えていたんです。

      でも、全然やる気にならなかった...
      それに月に100万稼いでも「あー100万いったなぁ」ぐらいの感覚で
      もっと増やそうとか、これを守るためにとか思えなかったんです。

      なぜなのか?考えたり、いろんな人の話をしていくうちに
      今回の記事の内容に行き着いています。

      抽象的に言えば、「目的のない行動は意味がない」ってことです。

      目的と目標が同じように捉えられてしまっている世の中ですがこれは別物です。

      目的を持った、目標を立てて、それに対して行動が出来る人が増えてほしいと願っています。

      なので、今回の記事に共感してもらえて嬉しいです(#^.^#)

    • なんさん、コメントありがとうございます(^_^)

      共感してもらえてうれしいです(#^.^#)
      確かに、そんな風潮有りますね…

      手広く何かが出来ることが悪いとは思いませんが
      ただ広く浅くなってしまうのであれば
      「これが自分にはできる!」っていう深いものがあった方が
      強くて、何よりもカッコいいと僕は思うんですよね^_^;

      それに、1つしっかりと深くできれば広げていくことは
      さほど難しくもなくなるので
      まずはきっちり深みを作ることが大事ですね(`・ω・´)ゞ

    • 三国さん、コメントありがとうございます(^_^)

      長い記事でしたが最後まで読んでいただけて
      納得してもらえて嬉しいです(T_T)

    • 亀さん、コメントありがとうございます(^_^)

      お役に立てて良かったです(#^.^#)

      これからもお役にたてるように努めますので
      よろしくお願いします

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)